FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

色んな曲を聴こう

私は姉もピアニストで、姉妹でフランス留学をしています。
そういうと、両親も音楽をしてるのかときかれることが多いのですが、
実はまーーったく…です  
母が昔ピアノを習っていたくらい。

音楽の世界に入ってみると、周りはどうしても、親の代から音楽家…という友達が多くて、うらやましいときもありました。

小さい頃からの環境の違いを感じたり…とくに私は高校まで普通の学校だったので、不安になることも良くありました。今では、18で日本を出る直前まで、音楽に特化しない教育環境にいられたこと、とってもとっても、感謝していますが。

ただ、音楽に関する環境で、良かったな、と思うことは、母が常にクラシック音楽を聴いていたことです。
もちろんそれだって、音楽家の家庭に育った人たちに比べると少ない方だと思うのですが…でも、それがなければピアノの道には進んでいなかったかもしれません。

母はただ自分が好きで聴いていただけで、ピアノをやっている子供たちのためというわけでもなかったみたいですが。

家ではモーツァルトやベートーヴェン、バッハがよくかかっていました。モーツァルトはピアノコンチェルトが母のお気に入りで、そしてバッハは平均律など鍵盤のための曲のみならず、管弦楽組曲やブランデンブルグ協奏曲もよくかかっていました。

ピアノ曲だけに限らずにいろいろ聴いていてくれたおかげでオーケストラの音色のイメージがよく刷り込まれたと思います。

音楽家、とくにピアニストは、自分の楽器の音にとどまらず、いろいろなイメージを膨らませることが大切ですが、それはやはりどれだけの音楽に親しんできたかがものをいうと思います。

私自身も、ああ、オケの曲に親しんでいてよかったなぁと思った出来事があります。

子供の時、よく知られているベートーベンのピアノソナタの練習を始めるときに、それまでその曲が自分の頭の中で再生されるときに、常に私なりのオーケストラバージョン(!!)で再生されていたことに気が付いた経験がありました。

実際にはピアノの曲なのに、ここはバイオリン、ここはフルートの音色、ここはティンパニ…と、イメージして、頭の中で勝手に編曲・再生していたんですよね。
そうなると実際に自分が弾くのがとっても楽しくなって、それまではちょっと退屈だった古典派ソナタの面白さにぱっと目覚めた瞬間でした。

そういえば、私の幼少期のピアノの師匠の口癖が、ベートーベンの頭の中にはオーケストラがいるのよ、でしたが、
もう少し自分自身が成長してみると、それはベートーベンだけの話ではないことが分かりました。

10479067_688433777890390_7861378559615531212_n.jpg
フランス、シャンティにて。サロンコンサートの前…音楽好きのワンちゃんとリハ中。
このワンちゃんもクラシック音楽のあふれるおうちで育ったみたい♡



子供のころからとにかくたくさんの音楽を聴く、ことは、ピアノを楽しんで続けるために何より大切なことです。

ピアノという楽器は本当に素晴らしい、他にはない楽器で……あらゆる楽器の音をこれ一台で表現できるすごい力を持っているのです。あとは弾き手がイマジネーションを膨らませるだけ!

せっかくピアノを弾くなら、美しい音色で、多彩な音色で、自分も音楽の無限の可能性の中にどっぷりはまりこんで、楽しんでもらいたいな~

小さな子供にはとくに、たくさんの音楽に自然に触れ合える環境をあげること。
音楽と長く楽しくお付き合いするコツだと思います


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/08/31 20:29 】

ピアノのこと  | コメント(0)  |
<< 青春のサンドイッチ! | ホーム | ロビーコンサート終了しました。 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |