FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

癒しのクラシックレコードカフェへ

先日、人との待ち合わせまでに少し時間が出来たので、雑司ヶ谷のこちらのカフェに行ってきました。

IMG_20160806_163535.jpg
クラシックレコードカフェ、ビブリオクラシックさん

友人のソプラノ新倉さやかちゃんのお父様のカフェで、
なんと!
12000枚のアナログLPレコードを所蔵しておられます!!

それらの貴重なレコードの中から、自分が聴きたい曲、お薦めの曲など聴きながら、おいしいコーヒーと紅茶、ケーキセットでくつろげる癒し空間なのです。夕方からはアルコールとちょっとしたおつまみも楽しめます^^ ベヒシュタインのピアノもあって、まるでパリの音楽家のお友達のおうちか、親しい先生のおうちに遊びに来たみたい

音楽に飢えていた私は(笑)、前に話しをうかがって以来ずっと狙っていた、ラヴェル本人の指揮によるボレロをリクエスト。演奏は、パリの由緒あるオーケストラ、ラムルー。


IMG_20160806_163750.jpg
テンションあがるーーーー!!!

ラヴェル指揮のボレロのテンポはゆっくりめ。
彼は指揮が下手だったとかピアノが上手じゃなかったとか、結構さんざんな言われようですが、私はこの演奏好きでした。
自分の研究対象であったこともあって、作曲者本人の意図がどのようなものであったのか、とても参考になりますし…。
ボレロの曲のもつ一種の不気味さ…がすごく際立っていました。
(この曲についてはまだまだ語りたいので、また次回…

念願の演奏がきけて喜んでいたら、マスターが教えてくれたのが、さらにすごい…ラヴェル指揮、マルグリット・ロンがピアノの、ピアノコンチェルト。
こっちは出だしからびっくりするようなハイスピードで飛ばしまくり、でもロンのテクニックとセンスの際立つ、すごい演奏でした。
二楽章なんてうっとりです…。歌いすぎるのでなく、色彩の変化で感情の揺らぎを表現する、フランスのエスプリ満載の洗練された演奏。かっこよかった~。

そして最後に、これもマスターお薦め、自動演奏のピアノ…ロールピアノといって、紙に演奏を記録して再生するらしいのですが…による録音の、ドビュッシー自らの演奏の前奏曲2曲。当時まだ不完全であったレコードの録音より、実際の演奏を忠実に再現している、とかいうことでしたが、ドビュッシー自らの手によるという演奏は自由気ままで、なんだか違う曲みたいに聞こえました。これもかなり興味深いですね!

待ち合わせの時間があったので、今回は速足でこれだけきかせていただいたところで、残念ながらタイムオーバー。

もっと聞いていたかったなぁ。今度はゆっくり時間とれる時に、またうかがって、ラヴェルの他の曲をききまくりたいです^^

クラシックレコードカフェ ビブリオクラシック

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/08/08 09:46 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |
<< 8月27日北山田ロビーコンサート | ホーム | マダガスカル島民の歌をアップしました >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |