FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

マダガスカル島民の歌をアップしました

フランス室内楽研究会のYoutubeチャンネルに、昨年の演奏会での「マダガスカル島民の歌」の演奏がアップされました



フランス室内楽研究会HP

ラヴェル作曲のマダガスカル島民の歌については、前にもこのブログで取り上げたことがあります。
マダガスカル島民の歌の合わせ

本当に美しい、ラヴェルらしい曲で、在仏中から大好きでしたが、実際自分たちの演奏会で演奏する、となって楽譜を見直してみると、オーケストレーションの魔術師ともいわれたラヴェルの楽器の扱い方の素晴らしさに気が付き、さらに好きになりました 

フランス室内楽はこうでなくちゃ!!と、ぜひぜひおすすめしたい一曲です

-------------------------------------------------------

先にアップされている動画の「3つの歌」もそうですが、私はやっぱり他のどんな国の音楽より、フランスの音楽に一番親しみを感じるなぁ~と、帰国してからとくに強く思います。

けれど、

「これめちゃくちゃ良い曲だから聴いてみて!!

とおすすめしても、

「ごめん・・・わからない・・・

と言われてガックリくることもしばしばございます(笑)

「3つの歌」とか、私は超おすすめしているんだけど、もしかしてそんな感じなんだろうか…


私自身のものの考え方や、理想とする美しさ、そして感情の揺らぎに、フランスの音楽はぴったりとはまってくれるんですよね…。

正直にいって、日本では、本当のフランス音楽に触れる機会がほとんどありません。
日本のコンクールなどで、ドビュッシーやラヴェルの演奏を聴くと、やっぱり日本人にとってフランスは遠い国なんだなと残念に思います。

18歳でフランスに留学した時、直に触れる音楽に、そう、私はいつもこういう風に世界をとらえているんだった、私自身の内面を一番説明してくれるのは、こういう音楽なんだ、と鮮烈な感動をもったのを覚えています。日本にいた頃には味わえなかった感覚でした。

自分は本質的に今どき珍しいくらい古風な日本人だと思っているんですが(笑)、フランスの居心地が良く、10年近くも居ついてしまったのはそういう訳なんでしょうね。

PIC_0731.jpg

なんだかんだでもうすぐ帰国から丸2年。その間一度もフランスの地を踏んでいないなんて、なんだか不思議で、ちょっと寂しい気持ちです。
だけど、せっかく日本に帰国したのだから、フランス音楽のたくさんの魅力を伝えていくのが、私の、そして研究会の役目だ!と思って、これからも活動頑張ります!

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/08/05 12:42 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |
<< 癒しのクラシックレコードカフェへ | ホーム | Youtubeチャンネルが出来ました >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |