FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

レッスンで…反省!!

私のレッスンには、大人の生徒さんもいらしています
なかなか定期的にはいらっしゃれなくとも、むしろその為か、皆さんそれぞれ明確な目標をもっていて、素敵な音楽を実践しています

難しい曲であればあるほど、そして生徒さんがそれを良く勉強なさっていればいるほど言えることなのですが、レッスンの中で伝えたいことって本当にたくさん出てきます! どうしたってレッスン時間では足りない、ということに、良くなります…。

それで、限られた時間の中で出来るだけのことを伝えたいと、いっぱいいっぱいに話してしまうのが私の悪いところ……

きっと生徒さんたちは、頭がパンクしそうだろうな…ということに、最近思い当たりました

自分がこれまでに感銘を受けたレッスンの数々を思い出してみます。

とくにフランスでお世話になった二人の先生のレッスン。
お二人のレッスンは、毎週学校では1時間、プライベートレッスンでも2時間ほど。その間出来るだけ生徒にたくさん弾かせて下さいます。

はじめに必ず1回通して弾かされます。

そうしてとっても前向きな意見を下さって、そのあとものすごくエッセンシャルな指摘がガツンと来る!!!

そのような大きな指摘は、一回のレッスンの中で1個か2個…家に帰ってからの練習も的が絞れてスムーズにいくのです。

もちろん他に細かい指導は色々入るのですが、初めに1回通している間に、この子には何が必要なのかということをとらえて、優先順位を付けて、今日1日でその子が受け入れきれる量を計算し、レッスンを組み立てるまでの作業をしているんですね。その観察眼がすごいです。

不思議なことに、言われる言葉は全く抽象的でなく、すごくシンプルなのに、すっと納得がいきます。生徒の演奏を聴いている間、私もそうですが、多分ピアノの先生はみんな、たくさんのことが頭をかけめぐって、もやもやーっとした状態になるのですが、その中からこれ、というものを確実に選択しなくてはいけない……私はなかなか、その正解のボキャブラリーを見つける事が出来ないでいます…。

自分の国語力を棚に上げさせてもらうと…もしかしたらあれはフランス語の魔力なのかな~と思うこともあります。
フランス語という言語は、日本語に比べて、何かを明確に(しかも美しく!)人に伝える、ということに関して、とても便利であると感じます。ピッタリこれ、というボキャブラリーが見つかる。

それに、フランスではプレゼン能力の高さ=有能さなので、幼い頃から訓練をうけますし、私の先生たちのようなとびぬけて知的な人たちは、そもそもその能力にたけているんじゃないかなとも思います。
…つくづく、音楽やるにしても頭が良くなくてはいけないのだな~と、自分のすごい師匠達を見て猛省…

言葉の選び方、話の組み立て方で、レッスンの質って全く変わってきますものね……。
音楽家は音楽の素養のみに満足していてはいけないのだと、改めて思いました……人間死ぬまで勉強!!

写真 063

写真は2007年6月夜9時くらい。まだ明るい。
5区に住んでいたころ、家の前のモンジュ通りにて。パリは最高に良い季節。


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/06/01 20:48 】

ピアノ教室のこと  | コメント(2)  |
<< グリーグ 抒情小曲集 | ホーム | 大好きなこの料理! >>

コメント

---  ---

来ちゃった・・・。

指導するって本当に大変だと思います。私は今先輩研究者に指導してもらっていますが、言葉の選び方や優先順位のつけ方など、よく考えておられるなと痛感しています。おかげで論文がまるで私が書いたんじゃないように上手に書けたりするわけです。まいこっちは頭が良いので適切な表現力と表現量はたぶんすぐつかめるようになるだろうし、一生勉強だと思う部分については決して「これでよし」なんて思わないだろうから、いい指導者になれるとおもうよ。
音楽家同士が理解できる次元の高い話を音楽家同士ですることも大事だけど、音楽の素養のある人が、音楽の入り口に立った人をどう導いてあげるかってすごく大事だと思います。誰にでも出来ることじゃないなと思います。

また遊びに来ますねー。
総子  *  URL[編集] 【 2016/06/13 16:46 】
---  ---

総子さん

わぁ~~コメントありがとうございます!!ブログ読んでいただけてすごくうれしいです!
最近レッスンしてて、まだまだ勉強足りないなぁ~と思うことばかりです…自分自身が不安定でボロボロだった中高生時代、そして渡仏してからも、どうやって先生たちに導かれてきたのかな~とよく思い返しています…。
でも最近実感するのは、とにかく自分はボキャブラリーが足りなくて! 最近読書量が減ってるせいかしらと思ったり(笑)

またゆっくりお話ししたいですね~^^
Maiko  *  URL[編集] 【 2016/06/13 19:24 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |