FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

マダガスカル島民の歌の合わせ

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
音楽理論に基づいた自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------

11月23日のコンサートで、ラヴェルのマダガスカル島民の歌を演奏する4人の合わせ練習にお邪魔してきました

11月23日の演奏会のお知らせはこちら


217.jpg

左から、フルート(ピッコロ持ち替え)の横山友美ちゃん、ピアノの川端友紀子ちゃん、ソプラノの新倉さやかちゃん、そしてチェロの熊木綾子ちゃん

 女の子4人の合わせ練習は、明るくて賑やかで、とっても楽しそう

 この曲は、4人の呼吸を合わせるのがとっても大変な曲です。そして曲全体にただよう独特の雰囲気をどう表現していくのかというところも難しい…

 マダガスカル島民の歌は、エヴァリスト・バルニー(1753ー1814)という植民地生まれの白人詩人の詩に、ラヴェルが音楽をつけた、3つの歌からなる作品です。
南国のけだる~い雰囲気 、その自然の中で生を謳歌する人々の様子が、洗練されたラヴェルの音楽で、生き生きと表現されています

 1曲目のナアンドーヴ( Nahandove)は、私のお気に入りの一曲! 
 官能的で艶めかしくて チェロとソプラノの掛け合いがなんとも魅力的な一曲です  
 歌詞を見ながらこの曲をきいていると、各場面が浮かび上がってくるようで、草や風の匂いまで立ち上ってくるようで…ラヴェルって本当にすごい!! 
 コンサート当日は、プログラムに歌詞の訳をのせる予定ですので、皆さんも、詩をじーっくり読みながら、ぜひぜひ、南国世界に旅している気持ちになっていただきたいです^^
    
 2曲目のアウアー(Aoua!)は、一曲目とうってかわって、怒りにみちた曲。反植民地、反文明の曲として、発表当時は物議をかもした曲です。船でやってきて、彼らの土地を侵す白人に対する憤りを、かみしめるように表現していて、実に迫力に満ちています。

 3曲目の休息(Pause)は、穏やかな平和に満ちた曲。美しい女たちをはべらして(笑)、音楽と、鳥の声と、良い匂いの風に包まれながら、木陰で休む……夢のような光景ですね。
 実はこれが一番演奏が難しいと、4人が言っていました^^  パーカッション的な楽器の使い方が聴きどころです。


 合わせをきかせてもらって、私もすっかり幸せな気持ちになりました
 いや~~やっぱり、フランス室内楽の世界は最高ですね!!

11月23日の演奏会のお知らせはこちら


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2015/10/21 01:05 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |
<< 合唱祭伴奏 | ホーム | 演奏会のお知らせ♪  >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |