FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

演奏会のお知らせ♪ 

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
音楽理論に基づいた自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------


演奏会のお知らせです

戦間期のフランス音楽チラシ(表)

フランス室内楽研究会コンサート vol.1 戦間期のフランス音楽

★日時:11月23日(月・祝)14:00開演
★会場:けやきホール 代々木上原駅より徒歩3分
★チケット:3000円
★出演者:
長田舞子(ピアノ)、新倉さやか(ソプラノ)、川端友紀子(ピアノ)、田中まな美(クラリネット)
横山友美(フルート)、前田尚君(ヴァイオリン)、熊木綾子(チェロ)


★プログラム(楽器編成)

【第1部】

・ラヴェル : 3つの歌 (ソプラノ・ピアノ:長田)
・ラヴェル : クープランの墓 より抜粋 (ピアノ:川端)
・ラヴェル : マダガスカル島民の歌 (ソプラノ・フルート・チェロ・ピアノ:川端)
・サティ : 梨の形をした3つの小品 より抜粋 (ピアノ連弾・長田、川端)

【第2部】

・ラヴェル : ヴァイオリンソナタ より 第2楽章「ブルース」 (ヴァイオリン・ピアノ:川端)
・ミヨー : スカラムーシュ より 第3楽章 (クラリネット・ピアノ:長田)
・ジョリヴェ : マナ より 「バリ島の王女」 (ピアノ:長田)
・メシアン : 世の終わりの為の四重奏 より 「鳥たちの深淵」 (クラリネット)
・プーランク : 「平和への祈り」「矢車菊」 (ソプラノ・ピアノ:長田)

チケット予約は、こちらのサイトから
http://www.kokuchpro.com/…/9b24d869f58f3098d272b97ee89e0c9c/
もしくは、私に直接お問合せ下さい!

-----------------------------------------------------
ついに! ずっと大切に温めていたこの演奏会の宣伝をさせていただきます^^

私が、留学最後の年、2014年に書いた論文「20世紀二つの大戦間のフランス音楽」をもとにした企画です。
第一次世界大戦から第二次世界大戦前夜までの、フランス音楽の変容を、その時代背景などと合わせて解説しながら紹介します。

日本では、戦争…というと、第2次世界大戦、太平洋戦争の記憶が強いと思いますが、フランスはじめ、ヨーロッパ諸国にとっては、第一次世界大戦の衝撃というのは、とても大きなものでした。その後の第二次世界大戦だって、第一次世界大戦の影響でそのまま引き起こされてしまったという意識があって、その為、この二つの大戦の間の期間というのは、決して平和な時代だったわけではなく、ヨーロッパ全体が不安に包まれていた時期だったのです。

2014年は、その第一次世界大戦開戦から100年の記念の年だったこともあり、フランスではそれ関連の展示や催し物が多く行われていました。丁度100年前に生きた人たちが、一体何を感じていたのか、ひも解いてゆく手段として、私は自分の専門である音楽を選びました。

この時代、フランス音楽の世界でも、アメリカ大陸の音楽の流行や、新しい楽器編成、新しい電子楽器の登場など、数々の変革があって、たった四半世紀の間に、音楽のバラエティは非常に豊かになっていきます。

そしてまた、それぞれの作曲家の心の様子は、彼らの作った音楽を通して、100年たった今でも、ありありと感じ取ることが出来ます。

第一次大戦で音楽家たちが負った心の傷や、それから立ち直ろうとするさま、新たな世界大戦へ向かう不安を、音楽によってひも解いていく試みの、第一弾です♪ 

今回は、第一回目ということで、集まってくれたメンバーの楽器編成や、演奏時間など、色んなことを考慮しながら、このプログラムを組みました。フランス室内楽研究会の7人のメンバーのうち、5人は、実際にフランスで勉強してきた仲間たちです。

深~い音楽の世界を全て語るには、これでもまだまだ全然足りないですが(笑)、それでも、皆さんに演奏そのものを楽しんでいただけることを第一に、ソロから室内楽まで、幅広く、本当に素敵な曲目を集めることができました。

日本では中々きかないような、結構マニアックな曲(笑)も登場しますが、聴いてみたらきっと気に入ってもらえる美しい曲ばかりです。

一生懸命、心をこめて準備した(今も絶賛準備中www)企画です。
皆さん、お時間あったら、ぜひぜひききにきてください!

これからしばらく、このブログでも、合わせの様子や、当日演奏する曲目についてなど、紹介していきたいと思います~^^
よろしくお願いします


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2015/10/13 11:44 】

演奏活動  | コメント(0)  |
<< マダガスカル島民の歌の合わせ | ホーム | ブラフ18番館サロンコンサート >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |