FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

パリの音楽祭の思い出

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
音楽理論に基づいた自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------


もうとっくに過ぎちゃいましたけど…毎年6月21日は、パリでは音楽祭です。

一年で一番日の長い日でもあり、緯度の高いパリは、夜10時を過ぎてもまだ空が明るいんです。だから、一晩中、みんな外で音楽をききながら、楽しみます!

10420375_677724925644336_1342270463133418773_n.jpg
昨年の音楽祭の日の、ルーヴルのピラミッド

パリは、他にも、ニュイ・ブランシュなど、町全体が遊び場になるような日がありますが、そういうところ、本当に好き! 市のエラい人たちの遊び心が、毎年とってもナイスなのです(まぁ、思いつきだけで生きてるような人たちですから、フランス人…笑)

10487206_675351029215059_4601201736874871281_n.jpg
もともとはDuroc(デューロック)というメトロの駅なのですが…一年に一度本気出しちゃう(笑)


今年も、フランスのお友達はみんな、この日を楽しんだみたい。良いな~~。
色々なイベントの楽しい、夏のパリですが、私はこの日がとくに好き!かな…。

この音楽祭の日、パリでは、一日中、あらゆるジャンルの音楽コンサート、ライヴが、全て無料!
コンサートホールだけじゃなく、全ての教会、全てのお店、道端も……全部がコンサート会場です。

名だたるオーケストラも、この日は無料で特別プログラムが楽しめます。
でも、席を確保するには、長蛇の列に並ばなければならず……。

ぼんやりしたタイプの私は、出遅れてしまうことが多いので(笑)、
音楽祭の日は、大体、友達のコンサートに行って、それから教会のコンサート(とくにノートルダム寺院のオルガンや合唱のコンサートは絶対にききにいっていました)をきいて。

10488085_675351095881719_3802264505644636795_n.jpg
行き詰った時、気分の良い時、悪い時。いつでもノートルダムに足を運んだ留学時代。
ここのオルガンからは、たくさんのインスピレーションをもらいました。


あとは、友人たちと合流して、
カフェやバーの前に出ているバンドを応援するという…。

最近日本の生活がすっかり充実して、楽しくて。
でも、ふっと、あの開放的な夏のパリを思い出して、あーー懐かしい!とおもうときがあります^^

パリはこれから革命記念日もありますね! ほんとに良い季節。
この時期フランスに旅行に行ける方、うらやましいです^^



にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2015/06/29 00:12 】

フランス生活  | コメント(0)  |
<< 拡大された主題…「見える」フーガを弾きたい | ホーム | 知る人ぞ知る私の過去♡ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |