FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

難しい!教材選び

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------

今日は、ピアノ初級者の教材選びのお話です

ピアノを教えるためには、まずその生徒さんの年齢やレベルや、性格や好みをよく見極めて、ぴったりの教材を選ぶところからはじまります。

昔はそんなことなかったんですけどね……私たちが子供だった頃に比べて、随分と教材の種類が豊富になって、それぞれの良いところがあり、教える側も日々研究していないと、時代の流れに追いつけない!と思います。

選択肢が多すぎるのも大変です

年齢はもちろん、それまでに他の教室での経験がある場合、どんな風に習っていたかどうかも関係してくるし…。

教材選び……一番神経をつかいますよね

私や姉は、バイエルからツェルニー30番…の流れでした。当時はこれが主流だったように思います。その頃の先生は大変厳しく、なんというか……有無を言わさない感じがありました(笑) とにかくバイエル、なんていったってバイエル……でも文句の一つもなく、そして私は今でもそれでよかったと思っています。

でも、フランスでピアノ教室をひらきたての頃、楽譜屋さんでたまたまこどものバイエルが見つからなかった事もあり、せっかくフランスにいるしね、ということでメトード・ローズを使うようになりました。そこで、この教材の良さを知りました。

その後、バイエルを発見して、初心者の子供にためしにやらせてみたところ、あんまりしっくりこなかったみたいで…。確かに、色とりどりの最近の教材に比べると、退屈に感じるのかもしれませんね。導入段階でのバイエルの使い方の難しさを知りました。メトード・ローズでも最初の方、同じように退屈する生徒さんがいます。本当は指を形作るにあたって大切な過程ですが、導入期は楽しくレッスンできれば良い、という考えからすると、ちょっと難しく感じる方もいるかもしれません。

バイエルやメトード・ローズに食いついてもらえなかった経験以来、学校の帰りに楽譜屋さんに寄っては、子供のための教材をあれこれ立ち読みして、気になるものは自分の生徒で試してみたり、試行錯誤を続けてきました。

けれど、最終的に、導入教材として、自分が行き着いたのは、メトード・ローズと、トンプソンの、小さな手の為のピアノ教本。
結局は、昔から人気のこの2冊にたどりついています

この2つを、年齢や性格に応じて使い分け、あとは楽しく勉強できるバーナムや、イラストの楽しい曲集などをちょこちょこ織り交ぜながらやっています。

とくに気に入っているのはメトード・ローズなのですが、これの難点は、音符が小さい事! そして楽譜が大きいので、グランドピアノの譜面台にのせると一番上の段が遠く、おチビさんにはちょっと見えづらいようです。

音符を大きくした、メトード・ローズ幼児版もありますが、これだとちょっと音符が大きすぎる気がするし…この中間くらいのは無いのか!!と思いながら、結局普通の版を使わせているという…。

でもなんだかんだで、子供は順応してくれるので助かります

あと、もう一つの難点は、しばらくト音記号しか出てこないこと(笑)
これは、他にヘ音記号も出てくる読譜教材を用意したりして、補っています。


これがまた、小学校高学年の生徒さんになったり、中学生になったり、大人の生徒さんになったりすると、今までの教材チョイスだとしっくりこなくなったりして……暇さえあれば、楽譜屋さんで悩む毎日なのです(笑)

でも結構それがまた、楽しかったりもして

生徒の数だけ、ピアノのレッスンも様々。
私は、レッスンは楽しいものであってほしいですが、それ以上に、長い目でみて、基礎とソルフェージュ能力を重視しているので、年齢の低い子ほど、忍耐強く、これらの課題に取り組んで、自分なりの達成感に楽しみを見出してもらいたいと思っています。
つくづく、ピアノを教えることって、やりがいがあるなぁ~と思います

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2015/04/06 10:43 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |
<< リサイタルのお知らせ | ホーム | コンクール伴奏 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |