FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

久しぶりのレッスン

先週末、久しぶりに自分のレッスンに行ってきました
帰国してから初です。

今後、日本でも定期的に個人レッスンをお願いすることになったH先生のお宅にうかがったわけですが、実は先生と出会ったのは、私が15歳の時……って、考えてみると、あれからもう何年?!

当時先生は、ドイツの音楽院で教鞭をとっていらっしゃり、夏の一時帰国の間にみていただいたのです。
当時の私……救いようのない下手くそだったなぁ…恥ずかしい

それを、辛抱強く見て下さり、あたたかいアドバイスもいただいて、感動したのを覚えています。

渡仏後も、一度ドイツの先生のお宅にレッスンにうかがったりもして、何かとお世話になっていたものの、継続的にみていただく機会の無いままにここまで来ました。

その割に、なんだか私の良いところも悪いところも、好きな音楽も苦手なことも、
全てお見通しで、びっくりしちゃうんですが…笑


先生は、数年前に日本に本帰国、今はこちらで活躍なさっています。
今回、私も帰国!ということで、今度こそ先生にじっくり教えていただくチャンス!と、ご挨拶にうかがったところ、私のピアノの事、今後のことなど、親身になって相談にのってくださいました

先生のレッスンは、ヨーロッパの、あたたかく、品格溢れる音楽性が満ち溢れていて素敵です 
そして、生徒の事を本当に親身に考えてくださるので、フラフラ~と帰国してきた(笑)私の今後の事まで本当に心配して下さいました。

先生と相談しているうちに、色々と楽しみな計画が立ち、これからしばらく勉強しなくてはならないプログラムがだんだんと決まってきて、モチベーションも良い感じにアップ

やっぱり、まだまだ学生気分が抜けきらない私には、定期的なレッスンが心の癒しになるみたい…

ピアノを教える仕事も大好きですが、教える為には、自分もしっかり弾き続けなくては、と思います。
自分が悩みながら弾いているからこそ、生徒の事も良く分かるのだし…実際、生徒から学ばされて、自分の演奏に役立つ事も多くあります。

とにかく、次回のレッスンに向けて、丁寧な練習を心がけて頑張ります


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/11/10 23:37 】

ピアノのこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< フランス語! | ホーム | あっというまに… >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |