FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ノートルダムの思い出

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。

のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします

体験レッスンのお申込みも随時受付しております。

初心者の生徒さん、大人の生徒さんもお気軽にお問い合わせください♪

レッスン枠には限りがあります。お早めにお問合せください!

詳しくは、教室HPをご覧ください♪ 
<<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>
------------------


ノートルダムの火災のニュース…本当に衝撃的で、まるで心の一部を永遠に無くしてしまったような気持ちになりました。

パリに住んでいる人、住んでいたことのある人の多くが、同じ気持ちになったのではないかと思います。パリの中心に位置するノートルダムは、この街の象徴です。

もう二度と、昔のパリには戻らない…私たちは私たちのパリを永久に失ってしまった、まさにそんな気持ちです。


フランスにいた10年のうち、2年ほど、パリ左岸の学生街に暮らしていました。思い返すとその2年は、無理やり学校を掛け持ちしたりして、留学期間中1番しんどかった時期なのですが、その分本当に毎日生き生き暮らしていたと思います。楽しい思い出がたくさんあります。


その学生街の家からノートルダムまでは徒歩15分ほど。ちょうど今くらいの季節、音楽院の学生たちは、発表されたコンテンポラリーの課題曲を何がなんでも仕上げねばならず、日中死ぬ気で練習し続けるのですが、20時に練習を終えてもまだ外は明るいのです。私はよく、この時間にノートルダムまで歩きました。

頭がパンクしそうで、不安でいっぱいで、何も考えずにノートルダムまでまっすぐ歩いて、で、たどり着いたらしばらくぼーっと眺めて、また歩いて帰って何か食べる。日曜の朝も同じ散歩コース。

この火災でなくなってしまったノートルダムの尖塔が、いつものように街並みの向こうに見えるとほっとしました。




セーヌ河岸は学生たちのピクニックの定番スポット。ノートルダムを眺めながら…なんてすごく贅沢ですよね。完全帰国の直前にもお誕生日ピクニックをして、みんなで寺院の前で写真を撮りました。パリの学生たちなら、きっと共通して持っている思い出だと思います。

いつもそこにあるのが当たり前なので…忙しい日常の中でも、ふと通りがかりの橋からノートルダムが見えると、ああ、自分は今、憧れてきたパリにいるんだな、という実感があって、幸せだったなーと思い返します。



毎年寺院の前に出るクリスマスツリーはかならず見に行き…本当に質素なツリーなのですが、それが逆に良くて、大好きでした。



1人の時もよく中に入って、座って考え事をしたものです。悩みのあるときも、いつでも、心を落ち着かせてくれる場所でした。美しいバラ窓を眺めてメシアンの事を考えたり。

そして音楽祭の日はいつでもここのオルガンを聴きにいきました。貴重なオルガン…被害の状況はどうなのでしょうか…。


とにかく語り始めたらいくらでも溢れてくる、ノートルダムの思い出。

寺院が炎に包まれる様子は頭から離れないし、あの時感じた喪失感はずっと消えないと思うけれど、一日も早く、元の姿を取り戻してほしいです…

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【 2019/04/17 00:09 】

フランス生活  | コメント(0)  |
<< ブラフ18番館、今年も弾かせていただきます。 | ホーム | カルト・ブランシュ・コンサート 第2回目を行いました♪ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |