FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

バッハを弾こう

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。

のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします

体験レッスンのお申込みも随時受付しております。

初心者の生徒さん、大人の生徒さんもお気軽にお問い合わせください♪

レッスン枠には限りがあります。お早めにお問合せください!

詳しくは、教室HPをご覧ください♪ 
<<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>
------------------


最近生徒さんとバッハを勉強する機会が続いて、色々思うことがありました。

私はバッハが大ーー好きです!

家でよくブランデンブルク協奏曲や管弦楽組曲がかかっていたおかげもありますが、物心ついた時には好きでした。

初めてバッハを弾いたのは2声インヴェンションでしたが、その時すでにバッハは私にとって、弾いていて気分が高揚するものでした。

憧れはピアノ曲だけではなく、中学に入ってオーケストラ部になって、フルートをはじめたとき、まずしたのが、ブランデンブルク協奏曲のスコアを買ってくることで、同じくバッハ好きのバイオリンの友達と自分たちのパートを弾き、あとは歌う(笑)という遊びを空き時間にやっていたのを思い出します…(普通の女子校では、かなり変わった中学生でした笑)

難しい知識はなくとも、とにかく好きで、感性に強く触れるものがあったのです。


ありがたいことにこれまで師事した先生方は、日本でもフランスでも、みなさんバッハへ深い愛があり、素晴らしいレッスンを受けることが出来ました。そして楽曲分析の訓練も、愛情をあたためるのに大変役に立ちました。


さて、ところが、日本に帰ってきて驚いたのが、コンクールを受けるようなレベルの高い生徒さん達が、とんでもなく苦しそうに、嫌そうにバッハを弾いているという現実…。

名曲揃いの平均律が、難解な暗号文をたどっているかのようにきこえる…(失礼!でも本当にそう聴こえたのです…)

バッハは暗譜がむずかしい、止まると戻れない、というような強迫観念のような思い込みが、そうさせているのでしょうか…。


本当に悲しかったです。


そしてそういった優秀な生徒さん達を指導する側にも、バッハへの理解、愛情が欠如しているとしか思えない現場に多数遭遇しました。

これは、生徒さんに関する事よりショックな出来事でした…。


実際私の生徒さん達にバッハを弾かせるとき、戸惑い、怖気付く生徒さんが多い事もたしかです。

でも曲の作りが分かれば、ロマンチックで想像の余地があって、リズムや拍が生き生きしていて……とにかくこんなに美しい表現はほかにないんだ、という事をとにかく熱意を持って伝え続けたいと思っています。


とにかく!
バッハが嫌いなんて言ったら人生損してるよ!
と言い切りたい!

気持ちの壁をなくしてどんどん演奏してほしい!

やっぱり何より、バッハに限った話ではないのですが…

あなたがいま弾いているこの曲は、
すごい天才達が生み出した音楽で、
本当に信じられないくらい美しいんだ、という事を
全力で伝えること。

それが何より大切だと思って、
生徒にとっては暑苦しいかもしれないけど(笑)、
続けていきたいと思います(^^)


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト
【 2019/03/02 16:35 】

ピアノのこと  | コメント(0)  |
<< 嬉しいとき | ホーム | 新しい教材 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |