FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ピアノの先生の幸せ

------------------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------------------


今日は、パリにいた頃のピアノ教室についてのお話を少し…。

私は、日本にいたなら、大学を出るかでないか…くらいの年齢の時に、ピアノを教えるという仕事をはじめました。

はじめは、ソルフェージュを大人の生徒さんに教えるところからはじめて、一人、二人、とピアノの生徒さんも増えて行きました。
生徒さん、保護者の皆様のお人柄のおかげで、和やかな雰囲気の教室でした。

一年に一度の発表会は、パリでの学年末にあたる、5月か6月。
他の教室の先生方と共同で会場をかり、段取りも、プログラム作成も全部先生たちで仕事を分担して行います。

会費をぎりぎりにおさえて出演しやすくする代わりに、写真撮影も大きな記念品もないけれど…でも毎回それなりにお客さんも入って、盛り上がったかな。
毎年準備はドタバタだけれど、手作り感満載(笑)の、愛情溢れるあたたかな発表会でした…

私の本帰国が決まり、可愛い生徒たち・・・とくに、小学生のチビっこたちにそれを報告するのは、本当に心が痛みました…。
大人も驚くほどまじめに音楽に取り組み、宿題がうまくいったりいかなかったりで、一喜一憂する姿をずっと見てきたので…悔し涙も知ってるし、得意げな顔も知ってるし。いつも一生懸命で、音楽が大好きな生徒たち。

本当は、これからもずっと……大きくなって、たくさんの曲が弾けるようになるまで、
一緒に勉強したかったです


だからこそ、最後の発表会、生徒たちみんなが最高の演奏が出来るよう、舞子先生は心を鬼にして厳しく指導しましたよ(笑)

結果、発表会当日は、みんな堂々と、今までで一番の演奏をしてくれて……舞台下でその雄姿を見守りながら、思わず涙が~~

発表会では、毎年頑張ったみんなに、ささやかな記念品を用意しているのですが、この発表会では、出演者全員に黄色いバラの花を。

それから、私は自分の生徒たちに、こんな風に…

14529_663689123714583_8212015114046211096_n.jpg

みんなでお揃いのストラップを作りましたっ

パリのピアノ教室だから、エッフェル塔。それにト音記号のパーツに、あとはそれぞれのイメージカラーでパーツを選びました。

意外なものがなかなか見つからないパリ、エッフェル塔や音楽記号のパーツを見つけるのには苦労して、手芸屋さんを何軒もはしごして、ようやくみつけたんですよね…

子供たちみんな、とってもよろこんでくれて、早速身の回りの物につけてくれました。

もちろん、私もお揃い^^
カメラにつけて持ち歩いて、それを目にするたびに、自分がパリで最高の生徒たちに囲まれていたこと、それを誇らしく思う気持ちを、忘れないようにと思っています。


そして、生徒たちからもなんとサプライズが…!!

レッスン中の写真と、生徒たちからのお手紙を入れた素敵なアルバムと、私の名前入りの素晴らしいソムリエナイフ…私がワイン好きって、いつのまにかバレていたらしいwww
それに、私のトレードマーク?である、パンダの柄のピアノおけいこバッグ。

どれにも本当に心がこもっていて……発表会は無事に終わったのに、またもうひと泣きしてしまった舞子先生だったわけでした(笑)


ゼロからはじめたパリのピアノ教室でしたが、こんな風に、素晴らしい思い出になり、そして生徒たちの成長の様子は、自信にもつながりました。
とにかく、自分の生徒というのは、自分の子供のように可愛い! …というのは、私のお世話になった先生方も常々言っていたものですが、それを身を以て知ったわけです。

まだまだ私のピアノ教師としての人生ははじまったばかり。
これからも、たくさんの可愛い生徒たちに出会えるのを、楽しみにしています…。








にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/10/11 22:07 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 入試合格…よく頑張った! | ホーム | ピアノ教室開室 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |