FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

孤独な練習をどう乗り越えるか

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。

のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします

体験レッスンのお申込みも随時受付しております。
レッスン枠には限りがありますので、お早めにお問合せください!

詳しくは、教室HPをご覧ください♪ 
<<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>
------------------


突然ですが…

ピアノの練習って孤独…ですよね。

ずっと一人で練習していると、曲と向き合っているはずなのに、だんだん自分自身と向き合っていくことになってしまう…。

なんで出来ないんだろう、自分はこうだからいけないんじゃないか、自分にはこれはできないんじゃないか…。

調子の悪い日には、ひたすら自分の負の部分に目がいってしまうものです。
モチベーションも下がってしまいますよね。

私の教室には、大人の生徒さんもいらっしゃいますが、ほとんど全ての生徒さんが、この問題にぶつかるようです。

ただただ純粋に音楽を楽しんでいられたら良いのに…
なかなかそうはいかないものですよね。

これはスランプなのでしょうか。
乗り越えるべき事柄なのでしょうか。
だとしたら、どんな風に乗り越えるべきか…。
どうしたらもっとのびのび、そして上手に演奏出来るようになるのか…。


レッスンで、生徒さんがこういった問題に悩まされている時、私はいつもたくさん話し合います。私自身が、ずっとこの問題に悩まされてきたからです。

この間少し考えてみたら、実に人生の半分以上の年数、悩まされて続けていることに気がつきました。その間、私も私の先生達にたくさんの言葉をかけていただきました。色々な考え方を教えていただきました。それでもなかなか負のループから抜け出せず、演奏がボロボロだった事がたくさんありました。

最終的に…
最近は、ああ、悩むこと含めて音楽なんだ…そう開き直るようになったと思います。

いつか恩師に言われた言葉なのですが、

失敗したって良いじゃないか…失敗したって、それはその日、その時にしか弾けない演奏なんだから、◯年◯月◯日バージョンの演奏、と思えば良いんだよ、と…。

その時は良く分からなかったけれど、今は分かる気がします。きっと、練習していて不安になったり、前が見えなくなるとき、気持ちがボロボロな時、それは、その人が「生きる」と同じ意味で音楽をしている証であって、素晴らしい事なのだと思うのです…。

ボロボロでも、その人が真摯に、正直に演奏していれば、きっとそれは素晴らしい音楽なのです…。


話はかわって…

私はル・グウィンという作家さんが大好きです。(つい先日の訃報に、打ちのめされたファンの一人です…)

彼女の有名なファンタジー小説、ゲド戦記の主人公は、自分の闇に追われ続けますが、最後、その闇とひとつになることで、自らに打ち勝ち、全き存在になります。

きっと、ピアノの練習も同じで、練習を通じて見えてくる自分の負の部分を潰そうとするのではなく、むしろ受け入れる事…。

これが音楽をするという事なのかなと思います。


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト
【 2018/03/24 22:32 】

ピアノのこと  | コメント(0)  |
<< 尊敬する先生 | ホーム | 1歳男児育児の現実 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |