FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

子供たちにこそ現代曲を…

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。

のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします

体験レッスンのお申込みも随時受付しております。
レッスン枠には限りがありますので、お早めにお問合せください!

詳しくは、教室HPをご覧ください♪ 
<<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>
------------------

19歳の夏のこと。
私のついていた先生と奥様の企画した、フランスの田舎での夏季合宿に参加しました。

普段は学校として使われている建物に2週間、みんなで寝泊まりしてレッスンを受け、最後にはミニコンサートで成果を披露するというもの。

参加したのは私ともう一人の日本人女性以外ほとんどフランスの子たちで、それも先生の奥様の生徒さんである10代の若い子たちが大半をしめていました。

渡仏して一年、フランス語もなかなか板についてきたはず…なんてフラフラ出かけた私

若者のフランス語が分からな過ぎる
(そういえば一年目に接していたのは優し-いおじいちゃんおばあちゃん先生ばかりだった…)

そして
フランスのティーンエージャーのノリが自由すぎる

心細い…



というわけでのんびりした田舎の雰囲気にかかわらず、
なかなか精神的に厳しい2週間だったのでした(笑)

その時たくさんのティーンに囲まれて、色々とカルチャーショックはあったのですが、
音楽のことでとても印象に残ったことがあります。

私より年下の中高生の子供たちが、いかにも自然に現代曲を演奏しているのです。


日本で勉強してきた私は、そのくらいの年齢のときには現代曲をほとんど演奏したことがありませんでした。
一度中学の時に、和声の師匠が作曲された2台ピアノの美しい曲を姉と演奏したことがあり、その時とても楽しかったのですが、それだけでした。

フランスに来てみると、入試でも卒試でもコンクールでも、ほとんどの場合一曲はコンテンポラリーを演奏しなくてはなりません。
それも、近・現代というくくりではなくて、1980年以降のもの、という指定があったり、ほんの数年前に作られたばかりのものが課題曲に指定されたりするのです。

私はフランスに来てから現代曲が一気に好きになり、課題曲が出るとわくわくしたものですが、戸惑う学生も多いようでした。

でもその合宿で出会った若い子たち、そしてその後に出会った子たちも、ごくごく子供のうちから、自然に現代曲に親しみ、実に軽ーいノリで、

あの曲めちゃくちゃ良いよね!

と、話しあっているのです。
ちょっと衝撃でした。


私が現代曲を好きな理由は、やはりその表現の幅広さと自由さにあります。

普段生きていて感じる感情の流れ方や、自然の風景の移り変わりは、そういった形には全くとらわれずに変化していくものです。現代曲は楽器の使い方も多彩で、演奏しながら、ああ、ピアノってこんな音も出せるんだなぁーと、発見の連続です。
そして、それは他の時代の曲を弾く為にも役立つ経験ですよね^_^

また、古典の楽曲にくらべて、現代における形式はより作曲者本人に意識されている印象を受けますが、それもやはりとても人間的だと思います。

というわけで、新しい時代に作られた曲の譜面を見て、演奏していると、自分の内面やイマジネーションを、よりリアルに再現してくれているのはこれだ、と思うのです。

想像力が豊かで型にはまっていない子供たちにこそ、こういう曲で遊んでもらいたいなと、
とてもとても強く思います!



というわけで、自分の生徒たちにもちょくちょく現代曲のレパートリーをおすすめしてみたりするのですが…

難色を示されることが多く


良いと思うけどなぁ~一回やってみようよ~とごねてはみるものの、
なかなか強く言えない性格の私なのでした……。

うん、でも、今年はもうちょっと頑張って強くおすすめしてみよう。


ちなみに私も実際弾いて大好きになった曲。
ルチアーノ・ベリオの6つのアンコールより、火のピアノ…。
生徒の誰かに弾いてもらいたい!


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【 2018/02/01 10:16 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |
<< 合唱伴奏オーディション | ホーム | 手を温めるには…  >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |