FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

育児とピアノ

------------------

フランス室内楽研究会コンサート Vol.3
「ラヴェルの紡いだ音楽」


2017年11月24日 19時開演(18:30開場)
日比谷スタインウェイサロン東京内 松尾ホール
(日比谷駅A9出口直結)
http://www.h-matsuo.co.jp/hall_studio/

全席自由 3000円

出演:
長田舞子(ピアノ) 新倉さやか(ソプラノ) 横山友美(フルート) 
平澤祐理子(ピアノ) 山本そらね(賛助出演・チェロ)

プログラム:
歌劇「子供と魔法」より アリア(抜粋)
マ・メール・ロワ(抜粋)
ラ・ヴァルス(連弾)
亡き王女のためのパヴァーヌ(フルート)  etc....

チケットお問い合わせはfrance.musique.de.chambre@gmail.com もしくは私まで
皆さんぜひいらしてください^^

------------------


息子は生後4か月頃から後追いがはじまり、
一時期は私が少しでも見えなくなると、
かえってくるまでいつまででも泣き続ける状態でした。

それで初めの頃は、生徒さんの許可をいただいて、
レッスンの間息子を同席させてもらっていることもたくさんありました。

でも、それも、最初の頃は抱っこ紐の中でじっとおとなしくしていたのに、
つかまり立ちが出来るようになると、色々といたずらしたくなってくるようで……

これではレッスンの同席も難しい… と頭を抱え始めたころ、

突然後追いがおさまりました


最近では私の母とおとなしくお留守番していてくれるので助かります。
一時期はどうなることかと思ったけど……
先輩ママたちの言うように、
本当に今の時期だけ、ということだったんですね。

とはいえ、息子のお世話は基本的にレッスンの合間に全部私がこなすので、
必ず少しずつ間に休憩が入るようにしています。

なので、レッスンとレッスンの間に、
息子にご飯を食べさせたり、
お風呂にいれて寝かしつけたり……。

なんだか目が回りそうですが、
局のところ、育児が楽しいのもレッスンに集中できているからだし、
逆にレッスンや貴重な自分の練習時間が楽しいのも、
息子がいてくれるからなので、
最近の生活は自分にとってとてもバランスが良いようです。

演奏に関しても、もちろん出産前より全然練習時間がとれなくなって、人前で弾くことにはかなり慎重にならないといけなくなりましたが、その分、育児の合間の10分でもピアノにむかうようになって、その積み重ねでも(時間はかかるけど)なんとかなるものです。

最近まで悩みだったのが、
自分の練習がまあなんとかなったとして、
後追いがひどくて合わせが出来ない、
コンサート当日に出かけられない、という事だったのですが、
それも解決しつつあり……。

ああ、この一年は本当にバタバタしていたけど、
とりあえずなんとか乗り切ったな、と
我ながら感慨深いです

息子も来週で一歳。
最近はよちよち歩きが得意で、
顔つきも赤ちゃんからすっかり子供らしくなって…

母は彼の成長に色々と助かっているけれど、
まだまだ赤ちゃんでいてほしいなあ、とも思うこの頃です。


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2017/11/14 21:55 】

日記  | コメント(0)  |
<< 『ラヴェルの紡いだ音楽』 | ホーム | 発表会終わりました >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |