FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

演奏会のお知らせ

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------

演奏会のお知らせです。

2015年から活動をはじめましたフランス室内楽研究会の第3回コンサートが決まりました。
今回は、ラヴェル没後80周年ということで、オール・ラヴェルプログラムでお送りします!!

無題



フランス室内楽研究会コンサート Vol.3
「ラヴェルの紡いだ音楽」


2017年11月24日 19時開演(18:30開場)
日比谷スタインウェイサロン東京内 松尾ホール
(日比谷駅A9出口直結)
http://www.h-matsuo.co.jp/hall_studio/

全席自由 3000円

出演:
長田舞子(ピアノ) 新倉さやか(ソプラノ) 横山友美(フルート) 
平澤祐理子(ピアノ) 山本そらね(賛助出演・チェロ)

プログラム:
「シェヘラザード」 より 「魔法の笛」
歌劇「子供と魔法」より アリア(抜粋)
マ・メール・ロワ(抜粋)
「クープランの墓」 より 「リゴードン」
無伴奏混声合唱のための三つの歌
ハバネラ形式の小品(フルート)
5つのギリシャ民謡
マダガスカル島民の歌
ラ・ヴァルス(連弾)
亡き王女のためのパヴァーヌ(フルート)

 
前回、前々回同様、なかなかマニアックな曲もありますが(笑)、分かり易い解説つきの演奏会で楽しんでいただけると思います。

ラヴェルのアンサンブルの魅力、存分に楽しんでいただけると思います。

チケットお問い合わせはfrance.musique.de.chambre@gmail.com もしくは私まで
皆さんぜひいらしてください^^


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2017/09/15 10:40 】

演奏活動  | コメント(0)  |
<< ラヴェル『子供と魔法』を聴きながら | ホーム | 7月の演奏会 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |