FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

「心」を育てる音楽教育とは 2

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

♪新規生徒募集開始しました♪
レッスン枠には限りがありますので、お早めにお問合せください!

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------


まだまだ寒い日もあるけれど、日差しはすっかり春!

子供たちも春休みに入りましたね。そして四月からはいよいよ新学年。
この一年で、うちの生徒さんたちもみんなとっても良く頑張って成長しました 
今年はうちの教室は発表会もあったし、四月に比べてみんな随分たくましくなりましたね~。新学年に上がっても、楽しくレッスン頑張りましょう♡


さて、前回のブログでは「心」を育てる音楽教育とは、というタイトルで、
「強い心」を育てるピアノのレッスンについて書きました。

今日は、「豊かな心」を育てるレッスンについて書きたいと思います。


子供たちにピアノのレッスンを受けさせよう、と考えるお父様、お母様は、
恐らくこの「豊かな心」を育てたい、という気持ちがきっかけであることが多いのではないでしょうか。

音楽は美しいもので、楽しいものです。

全てのひとは、ぜひとも幼いうちからたくさんの音楽に触れ、実践して、その喜びをたくさん味わうべきです。

ピアノの練習は好きじゃない……
という子でも、音楽が嫌い、という子はいないんじゃないでしょうか?

「豊かな心」とは、「感動できる心」と言い換えて良いと思います。

美しいものを美しい、楽しいものを楽しいといえる

誰もがそういう心をもてたら良いですよね

音楽を通して、何かに「感動できる」ようになる……

ピアノのレッスンには、そういう大きな目標があると思います。


でも音楽には色々なジャンルがありますね。
長田ピアノ教室では、生徒さんの希望に沿って、あらゆるジャンルの指導をしますが、私個人はクラシックが専門ですし、教室的にも、クラシック音楽への理解を深める、ということを大きな目標の一つとしています。

このクラシック音楽というジャンル……
どうも苦手意識をもっている人が多いようです

どうもクラシックは難解で……

なんて、食わず嫌いの方!!

クラシック音楽は、ちょっとしたコツを身に着ければ、ポピュラーミュージックと同じように気軽に楽しみ、感動することが出来るんですよ

どの音楽も、そのコツさえわかれば、何百年も前に書かれた音楽のはずなのに、作曲者たちのその時の感情をこちらもリアルに体験することが出来て、一緒になって悲しんだり、悔しがったり、喜んだり、浮かれたり……あ~そういうこと、あるよね、分かる分かる、となるんです(笑)

ベートーヴェンなんて、共感できる恋愛ソングのランキング上位に入れるはずだ!!!

と私は思います(笑)

そして、めちゃくちゃカッコいいクラシック音楽もあります。クラシックの中には全てのジャンルがつまっていて、ロックもジャズもなんでもあります。

バッハもジャズでロックです!

つまりこのコツがあれば、曲のポイントポイントでカッコよさにシビれることができるようになるのです。


この、クラシック音楽の「コツ」というもの。難しく考える必要はありません。

クラシック音楽の構造にはいくつかの「決まり事」があります。ごくごく単純なことばかりです。それらを知ることで、その「決まり事」に沿っているとき、そして大胆にやぶっているとき、その効果を強く感じ、共感につなげることが出来るのです。

私は、ごく小さな子供たちのレッスンでもこれらの決まり事をさりげなく教えていくように心がけています。
子供たちには、将来、クラシック音楽だから、と心に垣根を作らず、感動の幅を広げてほしいからです。
もちろん大人のレッスンでも同じです。

この「決まり事」は、すべての音楽に共通していくものです。

そうしてまた、音楽の「決まり事」は、その他の芸術……建築や美術にもつながっていくものです。
もっと広くいえば、自然現象や人間心理や……あらゆるものの美しさにつながっていき、感動をよぶものです。


同じように生活をしていても、感動の幅が広い人と普通の人では、人生の豊かさが違うと思います。


美しいものを美しい、楽しいことを楽しいと感じる

生活の中の美しいもの、楽しいことを見つけることが出来る。

そうして人生を自ら豊かにすることが出来る



音楽を勉強することで、そういう心を育てたい、

私はそれを目標にレッスンしています


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2017/03/28 07:37 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |
<< 鎌倉へ | ホーム | 「心」を育てる音楽教育とは 1 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |