FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ジョフロワ先生と

18歳でパリに来て、最初にはいったのは、エコール・ノルマル音楽院でした。それから6年間、お世話になった恩師、ドミニク・ジョフロワ先生に、帰国前にプライベートレッスンをお願いしました。

と、なんとジョフロワ先生…とっても偉大な教授なのに、生徒の家まで来てレッスンしてくれるんですよ~~!!
これは、かなりレアです……。

というわけで、久々の再会は我が家で。
ノルマルを数年前に退官なさってから、クリスマスカードのやり取りはしても、なかなかお会いする機会がもてずにいたのでした。

DSCN2254.jpg
ジョフロワ先生と記念撮影^^

優しくて、素晴らしい教授です。私は、6年間毎週レッスンを受けましたが、まだまだ先生から学びたいことがたくさんあります。今回のレッスンでも、なんとなく自分的にひっかかっていた部分、でも何が悪いのかいまいち分からない…そんなところを、ビシっと指摘して、そして適格で柔らかな表現で、指導してくださいました。先生のすごいところは、ごくごくシンプルな表現で、驚くほど奥深い音楽的なことまで伝えてしまうこと…もう、レッスンの間中、うわ~~すごい、引っかかっていたのは、こんな単純な事だったんだ!という驚きの連続…。

私は、フランスで出会う教授に恵まれているなぁ~といつも思いますが、ジョフロワ先生に出会った時の衝撃はとにかくすごかった…。

色々と考えすぎてしまうタイプの私は、さまざまな表現、言葉の間で、何を選び取ったらいいのか分からず、頭も体もがちがちのへたくそなピアノを弾いていました……それが、ジョフロワ先生は、何一つ難しい事を言わない、いつもにこやかで、リラックスした状態でレッスンにのぞむことができる……先生のレッスンをうけはじめて半年後、自分がそれまでと全く違うようにピアノを弾いていることに気が付いて、先生のマジックに驚かされたのを覚えています。先生は、何一つ、威圧的なことや、否定的なことは言わないのに、いったいどうやったんだろうって…。

そして、グローブみたいに大きなあたたかい手から生まれる、繊細で優しい音色の数々。
ノルマル時代、毎週レッスンが楽しみで仕方なかったなぁ~……。


先生の、一人ずつの生徒を良く観察して思いやるその姿勢、言葉の選び方、知的なアプローチに、いつも感動させられます。自分も、指導者のはしくれとして、ささやかながらピアノ教室を開いたりしているわけですが、自分の生徒たちに対する時、いつも、先生の事を思い出して、そんな風でありたいと思います……。


あ~~先生に会えなくなるのはさびしいです><

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/09/25 00:20 】

留学生活  | コメント(0)  |
<< ルーヴル美術館 | ホーム | パリ最後のコンサート >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |