FC2ブログ
フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

演奏時の姿勢

フランス室内楽研究会の、第2回演奏会 「~サン=サーンス&プーランク~」
是非聴きにいらして下さい!

ブログ記事


2016年12月4日(日) 17:30開演(17:00開場)
鶴見区民文化センターサルビアホール 音楽ホール
(JR 京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅 東口から徒歩 2 分・京急本線「京急鶴見」駅 西 口から徒歩 2 分)

全席自由:2500円
出演:新倉さやか、川端友紀子、横山友美、田中まな美、前田尚君
賛助共演: 宮野志織、髙安ひとみ

チケットお問合せは、france.musique.de.chambre@gmail.com
まで、もしくは私に直接ご連絡ください♡

---------------------------------------------------------------------------


ピアノを演奏する時、一音目を出す前に…いえ、鍵盤に手を置く前に、まず大切なのが、姿勢です。

これは小さい子にも口うるさく言わなくてはいけませんが、大人になっても、かなりの上級者になっても、常に気を付けていなくてはならない問題です。

ちなみに私も長年悩まされています…

ピアノにおいて理想的な姿勢は、無理なく、体が完全に脱力して自由である形。つまり、頭から背、骨盤までが自然に力をぬいて、くつろいだ状態でまっすぐであり、上半身の重みが臀部にしっかり支えられ、重心がしっかりしていて、腕から下が完全に自由であること。

私の場合は、非常に猫背になってしまう癖があります。肩が上がり、内側にはいって、首が前に出てしまうのです。上半身の重さが腕にかかるので脱力が出来ず、体ががちがちに固くなってコントロールを失うばかりでなく、あちこち痛める原因にもなります。

何より、自分の演奏している音を客観的に聴くことが出来なくなります。音が汚くなるんですよね。

伴奏のときはマシなのですが、ソロになって緊張し、あがってしまうと、どうしても外の世界を締め出したくなる心理が働き、猫背になってしまうようです。

見た目にもいかにも余裕がなさそうな感じ…。

試験などでたくさんのピアニストを見ていると、音楽学生で、とくに女性で、猫背になりがちな傾向があるようです。体格の良い男性は、もうちょっと余裕があるのかな……。

ちなみに私の大好きなグールドや、ホロヴィッツは……姿勢だとか何だとかもう通用しない巨匠なので、くれぐれも真似をしてはいけませんね(笑)

姿勢を改善するのには、自分で気を付けたり、色々な方法があるとは思いますが、まず見直すべきは椅子の高さです。

椅子は低めがおすすめです。猫背になる人、なんとなく打鍵がうわついてしまう人、自分が思っているより少し椅子を低くしてみると、ちょっと落ち着いて弾けます^^  私も自分の先生に教えていただいてから、意識して低めにセットするようにしています。


自分が生徒さんたちを見るときにも、まず姿勢を直すといきなり上手になる場合があります。

特別小さい子たちは、「こらこら、まっすぐ座ってくださーい!」からですけど(笑)、もうちょっと大きくなって、頑張っている生徒さんほど、その頑張りが体に伝わって、肩が上がってしまう傾向にあるようです。肩に手をおいてあげて、重心を意識させてあげると、指の練習の成果がいとも簡単に表現できることに気が付きます。

練習は頑張らないといけないけれど、音楽はある意味、頑張りすぎてはいけない……んですよね


話は変わりますが、
わたし、最近いよいよお腹が前に出てきました

臨月までちょっと軽くみていたんですが、11月に入ってからビックリするくらいのペースでお腹が成長していて驚きです。

しゃがめない、落ちたものが拾えない、靴下はけない。
すごいですね。人間の身体ってこんなに変われるんですね!

それで練習してて気づいたんです……


私、姿勢がよくなってる……


そりゃ前かがみになれないんだから、猫背にもなれません(笑)
椅子にどっしり座って、実に楽に弾けるので、なんだかラフマニノフもスクリャービンも、前より簡単に弾けちゃ……う……といいんだけどな

いや~~いい事に気づいたなぁ、ぜひこの感覚を維持したいなぁ、と、切に願います

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/11/17 18:01 】

ピアノのこと  | コメント(0)  |
<< 息子が生まれました | ホーム | パリはもう冬 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |