FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

パリ最後のコンサート

9月20日(土)、パリで最後のコンサートが無事に終わりました。

日本人の音楽家3人で企画したコンサートでした。会場は、リュクサンブール公園近くの、プロテスタント教会。
とても良い状態のKAWAIのピアノに、アットホームな雰囲気で、響きの素敵な会場。

教室の生徒たちは皆さんご家族でききにきてくださいました。いつも発表会で頑張ってくれる生徒達。最後に、まいこ先生の頑張りも見てもらえてよかった・・・これでなんとか先生の面目が立ちます。笑 


私はソロでラヴェルの鏡という曲集から、蛾、洋上の小舟、道化師の朝の歌の3曲を、そのあと、メゾ・ソプラノの奥村依子さんの伴奏で、ヴォルフのミニョンを4曲演奏させていただきました。

10534716_479979752144339_6928512592125319740_n.jpg
演奏中の写真を、聴きに来てくださった生徒のお母様からいただきました^^

帰国10日前にコンサートなんて、ほとんど自殺行為にも思えたのですが(笑)、夏前のサロンコンサートでも伴奏させていただいた奥村さんから、お誘いがあったのと、もう一人、友人のピアニストの吉岡舞子ちゃんが、同じ企画に参加してくれるということで、勇気づけられて心を決めました

その吉岡舞子ちゃんは、奥村さんの伴奏でロッシーニ、ソロでドビュッシーのエチュード3曲と、ショパンの舟歌という、これまた素敵なプログラムを披露してくれて、とても楽しい演奏会になったと思います…


なんといっても、緊張しいな私…。正直言うと、ソロの曲を弾かなきゃいけない時には、いつもいつも、必要以上に緊張しちゃって大変なのですが、今回は、舞台に出た瞬間、客席にやさしい笑顔のよく知っている顔が並んでいるのが見えて……パリの留学生活で出会った、すべての人、すべての経験に感謝をこめて演奏できた…かな、と思います。

もちろん、あとから録音をききなおしたら、もう反省点がいっぱいです~><

今回のプログラムに選んだ、ラヴェルの鏡は、5曲からなる曲集です。長い時間をかけて、一曲ずつレパートリーに加えてゆき、今は全曲なんとか仕上げたところ…全曲演奏にむけてまだまだ頑張ります 

そしてヴォルフのミニョンは、夏前のコンサートではじめて伴奏したのですが、詩の美しさ、よくねりあげられた音楽に、すっかり魅せられてしまいました。コンサート一回では、消化しきれなかったので、今回再チャレンジが出来て本当に良かったです。


9月に入ってから、このコンサートまで、全然落ち着かなくて仕方なかったのですが、これで一安心。(オデオンのワインバーでの打ち上げが、とにかく解放感がすごくて楽しかった笑)

ご来場いただいた皆様、本当に、本当にありがとうございました。
今後、パリの事を思い出すとき、必ずこの、心温まるコンサートのことをまず思い出すだろうと思います。友人や、生徒たちに見守られて、心をこめて演奏できたこと。これからも、こんなふうに温かい気持ちで演奏していきたい…。


さて、これが終わったら、あとは、残りわずかなフランス滞在、めいっぱい楽しもうと思います!!





にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/09/23 23:49 】

留学生活  | コメント(0)  |
<< ジョフロワ先生と | ホーム | ラヴェル寮 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |