FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

中学生の頃

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。

のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします

詳しくは、教室HPをご覧ください♪ 
<<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>
------------------


長田ピアノ教室には、3歳から大人まで、幅広い年齢の生徒さんがいらっしゃっています。

2014年秋に帰国してから教室を始めて、もうじき丸5年。最初の頃から来ている生徒さん含め、数年にわたって成長を見守ってきた生徒さんも増えてきました。

長く見ている生徒さんは、性格も良く分かるようになり、レッスンで会う日の体調や気持ちについて、こちらも敏感になります。
今週は落ち着いて過ごせたみたいだな、とか、今日は疲れてるみたいだけど大丈夫かな、などなど…。
個性的なひとりひとりの生徒さんを大切に思う気持ちと共に、嬉しくなったり、心配になったりしてしまうのは、一種の親心…でしょうか

そうして生徒さん達を見ていて、最近は自分の幼い頃から留学時代までの事を思い起こすことが多くなりました。


さて、四月に小学校、中学、高校へと進学した生徒さん達。
新しい環境に戸惑いながらレッスンに通うのは、大人から見ても大変だなぁ、良く頑張っているなぁ、と思うことが多いのですが、そんな彼らを見て思い起こしたのは、私自身が中学に進学した頃の事です。

私は都内の中高一貫の学校に進学しましたが、その学校の始業時間は、朝8時05分!

毎朝7時前の電車に乗り、都内で最高に混むと言われた満員電車に1時間詰め込まれて通学するのです…。ついこの間まで小学生だった小さな体には結構酷です。

レッスンのある日は、学校の教科書やノートに加えて、カバンに楽譜をいっぱい詰め込んで出かけます。右肩から荷物をかけると、背骨がぐっとゆがみ(笑)、ずっしりと身が沈むようでした。

授業の後、電車で直接先生の家まで向かうのですが、最寄りの駅から先生の家までが、延々と続く長ーい坂道なのです

荷物が重くて一度では上りきれず、途中で何度もカバンを下ろして休憩して、その都度先に続く坂道を見上げて悲しくなって、やっとの思いでたどり着いた先生の家でレッスンが始まる頃には疲労で意識が朦朧としていることも(笑)

先生には失礼な態度だったな…内心呆れていたんじゃないかな、なんて今になって思います💦

そんな感じでぼんやりレッスンを受けて帰ってから宿題に練習…。
そんな毎日でした。


でも、中学に入って最初の2ヶ月くらいは、そうしてレッスンに行き着くのがやっとの状態だったのが、
不思議な事に、いつのまにか駅から先生の家まで、休みなく歩けるようになっていました。

カバンの重さも苦でなくなってきて…(もしかしたら色々狡いことを覚えて実際に軽くなっていたのかも…w) レッスンも普通に受けられるようになって。
だんだんと慣れて、体力がついて、たくましくなったんだと思います。


進学した皆さん…
今が1番大変な時期かもしれませんね💦
でも先生はその大変さ、覚えているよ…。

まだまだ幼い生徒さん達。
私はただのピアノの先生ですが、子供たちの生活のほんの一部にですが関わりのある大人の1人の責任として、気をつけて、穏やかに、温かく見守っていこう…

自分の幼い頃を思い出して、そんな事を考えました。


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト
【 2019/06/04 22:04 】

ピアノのこと  | コメント(0)  |
 | ホーム |