FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

フランス室内楽研究会演奏会Vol.2「~サン=サーンス&プーランク~」

演奏会のお知らせです。

昨年私が中心になって立ち上げた、フランス室内楽研究会。
第一回演奏会「戦間期のフランス音楽」が大変好評でしたので、今年も演奏会を企画しました♪ 

といっても、私は残念ながら出産予定期間真っ只中(!!)なので…今回は企画担当です。演奏できない代わりに、主催者とのやり取り、曲目選びからプログラム原稿までしっかり務めております(笑) 心を込めた企画です!

主催者様のブログにて意気込みを語らせていただいたので、チェックしてみてくださいね^^
東京国際芸術協会 ブログ

今年取り上げるのは、サンサーンスプーランク。フランスらしい、激選したプログラム、1時間ですが、個性豊かで美しく、なかなか聴きごたえがあります。

フランス音楽が大好きという方、音楽は良く知らないけどフランスの雰囲気が好きという方、年の瀬の休日、ちょっとリフレッシュしたいな~という方……皆さん、ぜひぜひいらして下さいね~♡

-----------------------------------------------------


20161204.jpg

フランス室内楽研究会演奏会Vol.2
「~サン・サーンス&プーランク~」


2016年12月4日(日) 17:30開演(17:00開場)

鶴見区民文化センターサルビアホール 音楽ホール
(JR 京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅 東口から徒歩 2 分・京急本線「京急鶴見」駅 西 口から徒歩 2 分)

全席自由:2500円

出演:
新倉さやか、川端友紀子、横山友美、田中まな美、前田尚君

賛助共演:
宮野志織、髙安ひとみ

【プログラム】
サンサーンス:
ハバネラ
タランテラ
見えない笛
クラリネットソナタ1楽章

プーランク :
フルートソナタ
偽りの婚約


チケットお問合せは、france.musique.de.chambre@gmail.com
まで、もしくは私に直接ご連絡ください♡

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/10/18 11:35 】

演奏活動  | コメント(0)  |

音楽の週末

この週末は久しぶりにすっきり晴れて、本当に気持ちが良かったですね 

昨日土曜日は、ずっと楽しみにしていた演奏会…高橋悠治さん、青柳いづみこさん出演の、「1916年のドビュッシー 新しい潮流」を聴きに白寿ホールへ。ここしばらく、仕事以外の電車移動を控えていたので、久しぶりの遠出でした

ドビュッシーの没後100年までのカウントダウンシリーズの一環であるこの演奏会、プログラムとコンセプトが私としてはとっても興味深く、これは何としても聴きにいかねば!と思っていたのでした

この時期のフランス音楽というのは、在仏時代に私の研究テーマだったところ。

フランス室内楽研究会の第一回演奏会「戦間期のフランス音楽」では、サティの『梨の形をした3つの小品』を連弾で演奏しましたが、実は、今回の白寿ホールの演奏会で一曲目に演奏された『パラード』も候補にあげていたのです。ただ、あまりにマイナーなため、色々考えて演奏をあきらめた経緯がありまして…。でも、近いうちに絶対に演奏したい!と心に決めている曲でもあります。

また、『パラード』に続いて演奏された、『6人組のアルバム』は、歴史的にも大変重要な曲集で、論文では取り上げましたが生の演奏で聞くのは今回が初めてでした。フランスらしい、魅力的な小品集。これは自分でも弾きたくなっちゃった。

そんなわけで、とっても刺激的で興奮する演奏会で満足でした^^

PIC_1012.jpg
パリ時代…近所の小道


そして翌日曜日の朝は、毎週見ている「題名のない音楽会」で、反田恭平さんの素晴らしいラフマニノフのコンチェルトと、五嶋龍さんの非常に端正で知的なプロコフィエフをきき、これまた幸せな気持ちで一日をはじめることが出き……久しぶりにラフマのエチュードの楽譜を引っ張り出してしまいました

ラフマのエチュード『音の絵』は、ピアニストにとって重要なレパートリーの一つですが、その名の通り一曲ずつが絵画のように美しく、情景が浮かんでくるようで、私も大好きです。学生のころCDをずーっと聴いていたな…。でも難易度は高いし、女性の身体でこれらを悠々と弾くのはちょっとしんどかったりもするので、泣かされたことも度々あります(笑)


そんなわけで、とっても気分の良かった週末……私は気分も体調も気候や気圧に影響されやすいタイプのようで……(笑) お天気が良いと朝のコーヒーもとくに美味しいし絶好調、活発に動き回りたい気持ちで、音楽以外にも手芸に料理に、好きなことをたくさんしました。


ちょっと前までは考えられなかったくらいのんびりした日々……。追い詰められるのは割と好きだし、そんなときの自分が一番生き生きして人生を楽しんでいると思いますが(笑)、今は休憩期間。こうしてしっかり充電しておこう!と思います



にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/10/16 14:49 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |

一か月遅れの

発表会が終わって一息。

IMG_20160922_193537.jpg
いただいたお花さんたちに、一週間癒されました♡

今は体調第一で、とにかくのーーんびりごろごろして過ごしています……お医者さん公認でごろごろ出来るなんて、なんて素晴らしい時期なのかしら(笑)

最近の胎教BGMは、モーツァルトのピアノコンチェルトと、シューベルトの歌曲集、それにキース・ジャレットです。キースは昔から大好きで、得に夜は静かな気持ちになって癒されるのでよく聞いています。

そんな週末、中学からのお友達たちが、一か月遅れの誕生日をお祝いに、我が家に遊びに来てくれました。
ランチ時間だったので、私はキッシュやサラダを作ってお出迎え。

お友達の一人が、どうしても持っていきたいケーキがある、というので、すごく楽しみにしていたら……

14492481_1136577283092429_7279224690113676597_n.jpg

なんと!!!

すごいクオリティー!こんなの初めて!!!

とってもとっても嬉しくて、写真をいっぱい撮って、食べるのが本当にもったいなかったけれど、心を鬼にして解体…みんなでおいしくいただきました

パレスホテル東京のCROWNのケーキだそうです。友人は、飾ってあるこのケーキを見て、私に!とすぐ思ってくれたそうで、その気持ちもとても嬉しかったです。ありがとう!!

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/10/03 10:50 】

日記  | コメント(0)  |
 | ホーム |