FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

発表会

発表会無事に終わりました

雨にもかかわらず、小さな会場に入りきらないくらいのお客さんにお越しいただき、ありがとうございました!

0922.jpg

日本に帰国してからは初めて企画する発表会で、私としてはかなりバタバタした気持ちで臨んでしまいました… 
一緒に企画してくださった星野優花先生にたくさん助けていただき(というよりむしろお任せしっぱなしで…)、なんとか無事に終えられて感謝です。

生徒たちもみんな本当に立派に演奏してくれて、その成長ぶりがまぶしかったです。
楽しい思い出になったかな…??なってくれてたら良いな…

どんな小さな本番でも、舞台を踏むことは、おうちでの練習では得られない力を得ることにつながります。
これからも生徒たちには、怖がらずに、どんどん人前で演奏する機会をもってほしいです。もちろん、教室としてもその場を提供していくつもりです。

IMG_20160922_194835.jpg
生徒さんが主役なのに…私にまで、たくさんのお花やお菓子をありがとうございました

皆さん、お疲れさまでした^^
またこれからも楽しく色んな曲にチャレンジしていきましょうね

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/09/26 14:01 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |

いよいよ発表会

音楽教室 harmony との合同発表会、いよいよ明日になりました。

出演される生徒さん達みんな、この日に向けて、夏休み前から一生懸命練習してきました。どんな演奏をしてくれるか、今からとても楽しみです!

今回の会場は、センター南駅前の、音楽サロンAria
ホールという感じではなく、アットホームな空間です。音楽教室 harmony の星野優花先生と私の、「みんなの前で演奏することを楽しんでほしい」という思いにぴったりの会場だと思います。


昨日まで、生徒さんたちの発表会前最後のレッスンをしていましたが、生徒さんたち、とってもとっても頑張っていて……。
普段練習している曲よりも、ちょっと難しいかな?という曲を選んだ子もたくさんいたのですが、みんな、とっても立派に取り組んでくれました。当日の演奏そのものよりも、その過程が素晴らしいと思います。この経験、きっとこれからの糧になりますね


今回が初めての発表会!という生徒さんもいらっしゃいます。そうでなくとも、緊張してしまう人もたくさんいるでしょう。
私もかなりのあがり症なので、どうしたら落ち着いて弾けるか、これまで色々試行錯誤してきましたが、最近になってやっとたどり着いた答えは…

この曲を作ってくれた人と、その一音一音に感謝する、

…ということです。

一度舞台にのってしまったら、あ、あの難しいところが弾けなかったらどうしよう、どうやったらかっこよく弾けるだろう、なんて考えてももう遅い!笑
自分がどんな風に見えるかなんて、どうだって良い……心を無にして、その美しい曲を演奏できることに感謝して、今生み出されるひとつひとつの音に心をこめる…ということだけ考えていれば、例えちょっとくらい失敗しても、きっと素敵な演奏になりますよ

楽しい発表会になりますように!!

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/09/21 10:14 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |

ピアノを習う子供を持つママのお悩み

これまで、細々とですがピアノを教えてきた経験の中で、チビっ子生徒さんたちのお母さまたちから必ず聞く言葉があります…

「うちの子、なかなか練習しないんです!
「うるさく言わないと全然練習しなくて……



全国のチビっこピアニストのお母さま方、ご安心ください…

ほとんど全てのママが同じことで日々悩んでおられます

幼少期からピアノに魅せられ、ピアノの練習に夢中、時間がある限り自ら鍵盤に向かっておけいこ…

なんて、正直言って夢のような話で……多分一部の本当の天才だけの話で……ほんと、そうしてくれたらママも先生も助かっちゃうんだけど
ごくごくまれな事のようです。

小さい子供は、一日、一週間という長い時間の使い方を計画する、ということが一人ではできないものです。
そしてさらに、子供たちには、毎日楽しいことがいっぱい。
つい目先のことに夢中になって、練習は後回しになってしまいがちです。

ピアノや音楽そのものの好き嫌いにかかわらず、自分から熱心に毎日練習してくれる子はまずめずらしいと思った方がいいでしょう……

けれども、ピアノという習い事は、日々の積み重ねが何より大切です。
週一回のレッスンで弾くだけでは上達しない、というのが本当のところです。初めの段階で覚えることがとにかく多いため、課題が進まないと、レッスンも楽しくなくなります。ちょっと練習が面倒なだけだったのに、上達しないイライラから、ピアノそのものが苦痛になってしまうことも良くあります。

手や指の形、そしてソルフェージュ……その一つひとつの過程をおろそかにすると、あっという間にわからないことだらけになってしまうのです。

とにかく、とくにはじめのうち、小さいうちは、一つずつ、しっかりと身に着けていくことが大切ですから、無理強いはよくありませんが、子供達にいつもより少しだけ忍耐強く頑張ってもらいたいところです。そうして自信がつけば、音楽そのものも好きになっていきます。

我々ピアノを教える側は、日々の練習を見てあげることは出来ませんが、レッスンで、その成果を褒め、達成する喜びを教えることも大切な仕事の一つです。


でも……わかってはいても、忙しいお母さま方にとって、毎日ピアノの練習を見守るなんてとてもとても…大変なお話しです。

練習しなさい!と子供にいわなくてはならないことが本当にストレスで、苦しくて、自己嫌悪に陥ってしまう……というのももっともです。

でも、ピアノを習う子供をお持ちの方みんな…それも現役ママさんだけでなく、過去何十年ママであった人がみんな、きっと同じ思いですから、どうぞご安心ください…って言い方も変ですが、あまり考えすぎないで下さいね。

教える側としては、立場上、チビっ子生徒たちに練習しなさーいと言わざるを得ませんが、おうちで練習させることの大変さは承知しているつもりです。だって自分が通ってきた道ですもの。

習い始めにしっかりと教育をうけ、自分で曲を勉強できる基礎力を身に着け、音楽が好きならば、放っておいてもそのうち自然に練習をするようになります。それまでは、練習したらテレビ見ても良いよ、ゲームしても良いよ、なんて、ご褒美でやる気を出させるのだって、有りだと思うのです。

ちなみに私が自分から「あ、まずい。ちゃんと練習しよう」と、やっと本当に気づいたのは、確か小学校高学年くらい……お母さま方、多分あと数年の辛抱です(笑)



ピアノを習わせるって、おうちの方にとっても本当に大変なことだな~と思います。

悩みながらも、いつも生徒たちを励まし、練習を見守り、レッスンに通わせてくださっている保護者の皆さま、心から尊敬しています。
私が実際母親になったら、自分の子供をこんなに根気強く見守ることが果たしてできるのだろうか……

でも、ピアノの練習によって子供たちは、努力は裏切らない、難しいことも根気強く取り組めば必ずできる、と学んでいきます。
スポーツと同じで、音楽では、一つのことが出来るようになれば、すぐに新しい壁にぶつかります。それを乗り越える都度子供たちはあらゆる面でレベルアップしていきます。自分自身と闘うことを知るのです。

プロフェッショナルになるならないに関わらず、心を育て、豊かにする音楽の素養は、必ず子供たちにとって良いものであると、信じて良いと思います。


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/09/11 14:57 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫