FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

旅と音楽

最近、ドビュッシーの前奏曲集第一集から、「アナカプリの丘」のレッスンをしました。
私自身も昔良く弾いていてお気に入りのこの曲、レッスンしていても楽しい!!

冒頭から、イタリアの島のキラキラした大気がただよってくるようで…そして明るい風、波! 
聞こえてくる民謡、心がうきうきするようなリズム。
短い曲ですが、その間にちょっとだけ、旅に出てきたみたいな気持ちになる、素敵な小品です^^

繰り返されるモチーフの生むリズムと、イタリアらしい歌をどのように交差させるか、ということで、この曲の魅力が生きてくるかどうかが決まると思います。あとはフレーズの向き! フレーズの方向性をしっかりと決めることで、実に生き生きとあの明るい雰囲気が立ち上ってくる演奏になります。瞬発力のあるタッチとレガートを使い分けて、色彩豊かに仕上げたいですね(^-^)

---------------------------------------------------------------

アナカプリとは、イタリアのカプリ島の高台にある地区のことです。青の洞窟などで有名なカプリ島は、ナポリの沖に浮かぶ島で、とっても素敵なリゾート地

DSCN1468.jpg

この写真でわかるように、港からいきなりぐんっと岩山がそびえたっています。くねくねした細い山道を小さなバスか解放感抜群のタクシーでのぼっていくんですが、すぐそこが崖になっていて、その下は真っ青な海! 眺めは抜群ですが、結構スリリング。

DSCN1475.jpg

アナカプリ地区までいくと、細く素朴な感じの道沿いに石壁の家がずっと並んでいて、レモンの木に大きなレモンがごろごろ生っていて…そしてどこからでも見える海が本当にきれい。さらに、食べ物がすっごくおいしい!

DSCN1483.jpg

私はナポリとカプリ島が大好きで、パリにいた頃何回も行きました。あ、明日休みだ、と思い立って24時間後には、ナポリからのフェリーにのってカプリ島を眺めていたこともあるくらい好き(笑) 

そういう思いがあるからか、このドビュッシーの曲はとくに思い入れがあるのだと思います。

私は旅行が大好きですが、とくにイタリアとスペインは大好きで、なんで自分は冬のながーい北のパリを選んだんだろうと謎に思うくらい。笑 

そのせいか、音楽も、イタリアやスペインを描いた曲が大好きです。最近よく弾く機会のあった、アルベニスのイベリアもそうですね。これもわりと良く演奏機会のある、ラヴェルの「道化師の朝の歌」も、スペインのリズムが入っています。

なんていったって、弾いていて楽しいですものね^^ そして、あっちこっち旅行した時のことをたくさん思い出します。

旅はインスピレーションを刺激してくれます。イマジネーションを豊かにもしてくれます。自分の見てきたもの、経験したことを音楽の中に見つける作業は、とっても楽しいものです。

生徒さんにも、そのことをたくさん伝えたいです。
ぜひ楽譜の中に、自分の見てきた美しいもの、大好きなものを見つけてみてください^^

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/06/20 17:24 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |

女性のためのヴォイストレーニング

ギリギリのお知らせになってしまいましたが…

6月21日(火)都筑公会堂リハーサル室にて行われる、都筑ママネット主催

「美声で輝く♪
女性のためのヴォイストレーニング」

講座の伴奏を担当いたします

o0480068013654522030.jpg

講師はよく共演させていただき、いつもお世話になっている、ソプラノの星野優花さんです。

星野さんのブログはこちら http://ameblo.jp/chezyuka4641/

見守り保育付きで、お子様連れの方でも安心して参加できます。

第一部 9:30~10:20 アメージング・グレイス
第二部 10:40~11:20 にじいろ by 絢香

場所:都筑公会堂リハーサル室
対象:20代~50代のママ世代
定員:各10名(先着順)
料金:各部ごとに800円(お子様連れは+200円)


音域が広がるコツや腹式呼吸で楽に声が出せるようになるコツなどをわかりやすく教えていただけます。


今回に限りお試し価格にて実施
参加ご希望の方は、都筑ママネット(tzmamanet@gmail.com)宛に、

①お名前

②ご希望の部(1部or2部または両方)

③メールアドレス

④電話番号

⑤お子様連れの有無

を記入の上ご連絡ください。


ぜひ皆さんご参加ください^^

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/06/16 18:33 】

伴奏のこと  | コメント(0)  |

グリーグ 抒情小曲集

居間のピアノの周りを少しだけ模様替えしまして・・・ピアノの横に自分のPCスペースが出来て、とっても快適なので、ブログもちゃんと更新している今日この頃です(笑)

今日のBGMはこのグリーグのCD。

IMG_20160530_203850.jpg

フランスで最後の3年間通った学校でお世話になった、Ziad KREIDY氏の演奏による、グリーグの抒情小曲集です。めずらしいのは、グリーグの時代のピアノで演奏している点!

IMG_20160530_203935.jpg  

Ziad は私の音楽教養(そんな変な名前の課目があります笑)の師匠です。この授業は、譜面上のアナリーゼ、作曲、移調、論文などなど、音楽に関するあらゆる教養を網羅した授業でした。一回の授業が午前中いっぱいあったりして、しかもディスカッション形式なので結構ハードでしたが、勉強になりました。

彼はなかなか厳しい先生でしたが、とても合理的なので、私は割と気があって、とくに音楽家が仕事をするということについて、たくさんのアドバイスをもらいました……彼は音楽家が社会に出ていくにあたって何より教養が必要であることを教えてくれました。

帰国後もたまに連絡をとっているのですが、昨年このCDを送ってくれたのです。もともとはピアニストの彼。このCDの演奏も、彼らしく、流麗で、楽器の個性的な音色と組み合わさってとても優しく響き、癒されます

武満徹の専門家でもあり、日本の枯山水の庭園の写真を嬉しそうに見せてくれたこともあるZiad
いつか日本に来たらあっちこっち案内してあげたいです

ZiadのHPはこちら→ http://www.ziadkreidy.com/

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/06/05 21:07 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫