FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

大好きなこの料理!

料理の話が続いて申し訳ないのですが…

今度はタブレ・オリエンタルを作りました

285533_n.jpg

日本ではなじみのない料理ですが、フランスでは一般的なお惣菜。どこのスーパーでも売っているし、ホームパーティでも良く出るので、在仏経験のある人ならだれでも懐かしく思うはず!

クスクスの粒に、レモンとオリーブオイル、野菜と大量のハーブ、レーズンなどを和える、さっぱりした味の前菜です。今回、レーズンは主人があまり好きでないので入れませんでした。

クスクスは熱湯で戻すと手軽ですが、私はレモンジュースと野菜からの水分のみで一晩マリネして戻します。こっちの方が絶対に美味しいです。

18歳で渡仏して以来、私はこれが大好き!!
夏…これとバゲットと赤ワインがあれば全然いけました(笑)

いつか日本でもこれを作るぞ~と考えること一年半、やっとおちついてベランダ菜園のハーブが収穫できるようになったので、帰国以来のタブレ作りです。夏の間せっせと作ります


最近は料理してる時間と料理について考えてる時間が息抜きです~

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/05/30 14:31 】

日記  | コメント(0)  |

セザール・フランクの合唱曲

今日は合唱団の練習でした^^

3月のコンサートではベルリオーズのフランス語の曲に挑戦した私達ですが、その勢いのままいっちゃおう!ということで、今度はセザール・フランクの2重唱の練習をしています

天使や小さい子供たちが登場するとってもとっても愛らしい曲です… フランス語の発音が大変ですが、ちょっとずつちょっとずつ、頑張っています。

フランクはフランスで活躍した作曲家ですが、実はベルギー出身。そしてドイツ系の家系というためか、その音楽もフランス的でありながら、ベースにドイツ音楽を感じさせます。

ドビュッシーなんかよりも、取組みやすいかもしれません。(といってもフランクは1822年、ドビュッシーは1862年の生まれで、まずスタイルも全然違って当然なのですが……)

ところどころの、浮遊する素敵な和声感、練習しながら私も癒されています~~


フランクといえば、我々室内楽を愛するピアニストの間でとにかく憧れの曲なのが、バイオリンソナタ。
本当にロマンチックで素敵な曲で、みんな一度は弾いてみたいんじゃないかな~。かくいう私も、ずっとずっと憧れながら、まだチャレンジする機会がありません!!!誰か誘って!!!



ジャック・ティボーとコルトーという素敵すぎる組み合わせ

そういえば、パリ時代に住んでいた14区のすぐ近くだったモンパルナス墓地に、フランクのお墓がありました。

ある日、フランクのお墓参りでもしよ~と思って、出かけていったのですが、確かにここらへんなのに見つからない…とうろうろすること10分、自分がぐるぐるその周りをまわっていた四角い巨大な石の箱がそのお墓だったということがありました(笑)

結構大きくて、そのくせ細い道に面しているので、壁みたいになっていて…肝心のフランクの名前が高いところにあって目に入らなかったんですね、確か…。

フランスの墓地って街みたいに住所、番地がついているんですが(笑)、同じモンパルナスに眠るゲンズブールのお墓はばっちり大通り沿いにあったりして、お墓も立地が大切なんだなぁと妙な感心の仕方をした覚えがあります


あ、なんだかフランクのバイオリンソナタをBGMにしてたら、また室内楽やりたい病になってきました
楽譜屋さん行こうかなぁ……。


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/05/25 19:55 】

好きな音楽のこと  | コメント(2)  |

お菓子いろいろ

スコーンを焼きました~

48_n.jpg


適当な私でもなんとかそれっぽくなっちゃう簡単スコーン…丸い型だって持ってないから、コップのフチで型抜き 

母の持っている素敵な手作りの本にのってるレシピですが、バニラエッセンス入りでほんのり甘い香りがして、おいしいです。15分で焼きあがっちゃう手軽さも魅力!

朝ご飯がなかなか入らない主人用(お菓子系なら食べる)です……
とかいいながら気が付くと自分でぱくぱく食べてる…危険

焼き菓子作りは割と好きで、今のおうちは立派なオーブンがあるので重宝しています。
もちろん繊細さとは無縁の私のすることなので……ほんとに、どどーーんって感じのものばかり作っています(笑)

うちの母は、昔からわりとよくお菓子を作る人で、学校から帰ると誰の誕生日でもないのにテーブルの上にショートケーキ用のスポンジがのっていたり、チーズケーキや、ドライフルーツたっぷりのしっかりした生地のパウンドケーキが良い匂いをさせていたりして、そうなるとテンションがぐーんとあがったものでした

アップルパイは私も大好きなので良く作ってくれました。これとミートパイを大量に作って冷凍庫にストック。中高生の頃は、お弁当がランチボックスに無造作にごそっと詰めたこのパイとサンドイッチとチーズだったりして、今考えるとちょっとすごいな…赤毛のアンか(笑)

私ののんびりで気まぐれなところは明らかに母譲りなので、多分母も、

「よし、今日はケーキを焼くぞ!!あれとこれ準備して…」

っていうより、

「あーなんか今日は気分が良いな~。天気も良いしな~ 冷蔵庫にあるものでお菓子でも焼くか、ふんふ~ん 」

みたいな軽ーい感じでやっていたんだろうな~と思うのですが、この何とも唐突に、予告なくテーブルの上に現れるケーキのサプライズは、子供にとっては本当に楽しいものでした。

自分もそんなワクワクするような事が出来る母親になりたいな~と思います。

なんて、スコーンの話からいきなり、お菓子の想い出の話でした~笑

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2016/05/23 22:48 】

日記  | コメント(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫