FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ジョフロワ先生

------------------
横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------


12月4日、パリで長く師事していた、ドミニク・ジョフロワ教授が85歳で亡くなられました。

訃報を受け取ったのは12日の夜でした。数日前に、毎年恒例のクリスマスカードを送ったところでした。
とても悲しくて、しばらくは信じたくない気持ちでいっぱいで…。

ジョフロワ先生に毎週のようにレッスンしていただいていたのは、パリに留学し、エコール・ノルマルにいた18歳からの6年間ですが、はじめてレッスンを受けたのは15歳の時、そして最後にレッスンをお願いしたのは、帰国直前、昨年の9月です。出会ってからこれまで、今までの人生のほぼ半分の期間、私を導いて下さった先生でした。

帰国が決まって、エコールノルマルもお辞めになっていた先生に、最後にレッスンをお願いした時、電話で、「じゃあ、君んち行くよ」とおっしゃって、当日はタクシーで颯爽と現れて。エレベーターなし4階(日本でいう5階)の家まで、階段をあがってやってきて下さって。先生のレッスンは魔法のようです…。まず一回通して演奏を聴いて、何も難しいことはおっしゃらず、嘘みたいに簡単なことをちらっと言う。それだけで、自分の中でひっかかっていたことや、難しいと思っていたことが解決されてしまう。

2週続けてレッスンに来て下さいました。もういつフランスに来られるかも分からなかったので、これがジョフロワ先生から受ける最後のレッスンになるかもしれないとは思っていました…。それが本当のことになってしまって、とても残念です。

ジョフロワ先生は、ノルマルにいらっしゃる前は、パリ国立地方音楽院の主任教授を務められていた方で、若いピアニストたちの教育に徹した、パリで一番の教授でした。生徒への愛情、知性にあふれた指導法、まさに古き良きフランスといった感じの洗練された音楽性、優しく穏やかなお人柄、何もかも、私がこれからの人生の目標にしたいと思っている先生です。

先生の人生で積み重ねられてきた音楽に、ほんの少しでも触れたい、もっともっと、教えてもらいたい、時間が足りない! 毎週毎週、レッスンの度にそう思いました。今も同じ思いです。もっともっと、先生に教えていただきたいことがありました。

今は自分がピアノを教える立場になっている私ですが、いつでも、先生なら何ておっしゃるだろうかと無意識に考えています。最近生徒さんに、私のレッスンを受けていると、フランス人と話しているみたいだと言われました(笑) 先生の教えが、少しでも、私の中で生き続けているのだとしたら、とてもとても嬉しいことです。

自分の演奏の時も、先生ならどんな風にアドバイス下さるだろうといつも考えます。グローブみたいに大きな手から繰り出される繊細な音や、バッハを弾いている時にとなりで鼻歌を歌いながら熱くなっていたこと(笑)を思い出します。先生の口癖や、レッスンの最初に、やあ舞子、元気??とにこにこしながら挨拶してくださる声、全部大切に覚えていたいと思います。

ジョフロワ先生の門下には日本人が多く、今でも仲の良い友人たちと出会えたのも先生のおかげです。先生のお人柄もあってか、大変感じの良いクラスでした。先生の門下生は、同じ曲をレッスンしてもみんな個性豊かに、違うように弾いていたのが面白かったです…一人ずつを大切にする先生の指導の賜物でしょう。

私たち生徒、みんな、先生にもう会えないこと、本当につらく、悲しく感じています…。そして深く感謝しています。

先生、今まで本当にありがとうございました。
これからは、先生にいただいたたくさんのものを大切に、自分なりに頑張って行きたいと思います。
遠くから見守っていて下さいね。

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2015/12/19 12:31 】

日記  | コメント(0)  |
 | ホーム |