FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

良い音で弾きたい…。

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンのご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------


今日は夕方から、こちらのホールで…

IMG_20141216_203337.jpg

スタインウェイの素晴らしいピアノとホールで、弾き合い&レッスンをしてもらってきました。

素晴らしい状態の、大きな楽器は、音の響きがほんとに違う!
楽々と弾けるので、はじめは逆にとまどったり(笑)

日本は、どこのホールのピアノもとても良い状態にしてあるので、良いですね…。弾きながら音を聴く勉強になります。
フランスは……基本、どこも酷いです(笑) もう、想像の斜め上を行くすごいピアノが出てきたりするので、はなからそのつもりで身構えて行った方がいいくらいですw


こういった良い楽器で演奏する時の心構えというか…楽器をどのように鳴らすか、そういうことを真剣に考えるようになったのは、実は、伴奏をするようになってからでした…(遅っ!)

とくに、2013年にドイツのリートアカデミーに参加した際に、そのことは強く感じたものです。

ドイツの音大ってすごいんですね。各練習部屋に立派なグランドピアノがあるし、ホールのピアノもすごい。
(対してフランスは……以下略w)

フランス歌曲を見ていただいた、アンヌ・ル・ボゼック先生の初回のレッスンは、やはり大学の大ホールのピアノを使ってのものでした。

その際、
「こういった大きな楽器を演奏する時には、それなりの音の出し方をしなくてはならない」
ということを言われたのが、ぐさっときまして…。

そのアカデミーでは、シューベルトを演奏するのに、フォルテピアノを使ったこともあり、楽器と自分の関係というか、それぞれの楽器をよく観察して、内部構造を良くイメージして音を出すようにしなくてはと、気づかされました。

これがなかなか、勇気の要る事ですが。

ピアニストは自分の楽器を持ち運ぶことが出来ず、常に新しいピアノを出会っていかなくてはならない。
なので、それぞれの楽器にベストな音の出し方を感じ取るのは大切な能力ですね。

緊張などで萎縮してしまうと、どうしても自分の殻に閉じこもって、楽器と自分のつながりを見失いがちですが、音をよく聞き、どのようにアプローチすれば、その楽器が一番機嫌よくなってくれるのか、

それを感じ取る為にも、まずは自分が心を解放して、音楽そのものを楽しまねばと思いました^^

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/12/16 23:35 】

ピアノのこと  | コメント(0)  |

サン・サーンスのレクイエム

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------

久しぶりにサンサーンスのレクイエムをきいています




パリで、合唱団に関わらせていただいていた時に、伴奏した曲です。

レクイエムといったら、モーツァルトやフォーレがなんといっても有名で、サン・サーンスのレクイエム弾いてる、なんて話すと、私の先生だって、あれ、サン・サーンス、レクイエムなんか書いてたっけ?とかいうくらいなんですが…笑

でも、自分の思い入れももちろんあるけれど、本当に素敵な曲です!

パリには、アマチュアといえどなかなかのレベルの合唱団がいっぱいあって、クラシックの有名曲にどんどん挑んで、マドレーヌ寺院やサン・ロック教会や、そのほか超有名な教会でオーケストラと一緒に演奏会までしちゃうんだから、すごいです…。練習の時に伴奏するだけの私なんかより、ずっとずっとすごい会場で演奏してる(笑)

合唱団での経験…もともと、ほんとうに運よく、練習に参加する機会をいただいたのですが、楽しかったなぁ~。
もともと合唱は好きでしたが、この経験のおかげで、より一層好きになりました^^


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/12/10 22:58 】

伴奏のこと  | コメント(0)  |

日本の美しさ

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------



先週、ずっと行きたかった国宝展にようやく行ってきました。

20141208120056fa8.jpg


最近、日本美術が好きです。ちょっと余裕が出来たら、日本画を習いたい…。

普段、お土産的なものって買わないんですが、今回はカードをまとめて買ってみました。

20141208122400e9c.jpg


フランスでお世話になった先生方、ドイツのホストファミリーに送るクリスマスカードにします。全然クリスマス柄じゃあないけれど、日本らしいカードの方がきっと喜んでもらえるので…

音楽教養の師匠は、とくに喜んでくれるに違いない! …と思います^^
武満の研究者である師匠は、日本の文化、美学、芸術に興味を持っているので、ぴったり o(^-^)o 

そのうち彼には、もっと詳しい図録か何かを送ろうとたくらんでいます…日本に来たことがないのに、龍安寺のファンなんです(笑)

フランスのことを色々教えてもらって、お世話になった分、
今度は私が、フランスのみんなが知りたがっている

神秘の国日本

の魅力について伝えて行きたいです(^-^)

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/12/08 12:56 】

日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫