FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

小さな手の為のレッスン その2

------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、
楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------


前回、まだ手の小さな子供にレッスンする時に、教師側の十分な注意が必要であることを書きました。

読譜能力が高く、教本をらくらくすすんでしまう生徒さんには、特に注意が必要です。
能力の高い子供でも、手の大きさは、体の成長に沿っているからです。指も、関節も、大人のそれとはまったく違います。

うちにやってきた生徒さんは、はじめ、体全体をつっぱるようにして音を出していました。指の関節が弱かったので、そうしないと大きな音が出せなかったのです。

そこで、正しい手の形を教え、横から見た写真をピアノの前にはり、毎日注意するようにしました。

また、実際に手をあれこれ動かしてみて、指はどの方向に楽に動かすことが出来るのかを一緒に考え、体に楽なように音を出すにはどうしたらいいか、色々試してみました。

指をこっちに動かすと痛い。反対に、こっちに動かすのは簡単。
お昼寝してるとき、指はどうなってる? 指はピーンと突っ張ってるかな?

まず、自分の体のつくりを知ることが大切ですね^^

結果、音のコントロールの仕方、その為に手の形が重要であることを、理解してもらえました。

また、同じ練習曲をあらゆるタッチで弾いてみる試みも効果がありました。
大事なのは、大きな音を出そうとしないこと。
そっと、手の形を崩さないで弾ける大きさで弾いてみる事。

それから、瞬発力の訓練、そして腕の重さ全体を一本の指にかける訓練です。
(これが、前回ふれた、泥棒さん練習、カンガルーさん練習、ゾウさん練習です)

本人がとてもやる気のある子であればあるほど、すでに進んでしまった教本のレベルを落とすのは抵抗があります。
(子供は結構プライドを持っています

初歩の教本に戻ってやり直すことも考えたのですが、本人と相談した結果、教本をすすめつつ、これらの訓練を取り入れることにしました。音楽的な成長のことを考えても、これが最善の策に思えました。
つまり、曲に出てきて、弾きづらいところをそのままエチュードにしてしまったということです。

だんだんと楽に弾けるようになってくると、練習も楽しくなります^^
そうなると、音楽的なこともぐっと上達します。

たった8か月一緒に勉強しただけですが、本人の頑張りで、音の質が良くなり、なによりのびのびと弾いてくれるようになりました。毎回毎回のレッスンが、私にとっても勉強の場になり、そして一緒に勉強した曲全て、素晴らしい思い出になりました。

小さな子供たちと勉強することで、私自身がおろそかにしていた事に気が付かされることも多々あります。
子供の為のレッスンについて。奥が深いですね~~ 
今後も研究を続けていかなければ! 

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/10/23 12:46 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |

小さな手の為のレッスン

------------------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------------------


今日は、前回触れた生徒さんの持っていた手の癖から自分が学んだ事、その注意点から学んだ、小さな手の為のレッスンについて書いてみたいと思います。

まず、彼の癖の原因ですが、同い年の子供たちより、読譜力があり、初心者用の教材をらくらくと進んでしまったこと、それに対して、手の大きさ、手のつくり自体は、年齢相応の成長具合である為、大きく手を広げるような音形を弾く時に、無理をしてしまったこと、があります。

こういった、小さな生徒さんを指導するには、指導者の十分な注意が必要ですね!

まだ手が小さく、関節も柔らかい生徒さんに、指を広げる音型を練習させる際、もしくは、大きな音で弾かせる際には、指導者の細心の注意が必要です。
手自体の成長がおいついていない場合、上から力で押しつけて弾く癖がついてしまう恐れがあります。一度その癖がついてしまうと、弾き方を根底から改善するには、長い時間と忍耐が要ります…。

私は、小さな生徒さんには、無駄な力を入れないように、そして、口酸っぱく、手と指の形についてダメだしをし続けます……生徒は、うるさいな~~と思っていると思います(笑)

それから、良く出来る生徒さんでも、はじめの数年は、必ずしっかり段階を踏んで教本をやらせるようにしています。譜読みがはやいので、教本を何段階かとばして…というのは、子供にとって、大変危険です。

のちのちの伸びしろを考えると、ここで時間をかけることには大きな意味があるのです
将来的にはその方がずっと本人の為になります。

もちろん、退屈な練習なので……小さな生徒さんに指導する場合、色々と知恵をしぼって、面白おかしく練習できるようにしています^^

さあ、泥棒さんだよ~~
今度はカンガルーさんだよ~~

などなど、私自身も恥を捨てて、ピアノのまわりで飛んだり跳ねたりしながら…笑

その時その時の子供の体の使い方を見て、今その子には、どの練習が必要なのか…泥棒さん練習なのか、カンガルーさんなのか、はたまたゾウさんなのか……それを見つけて、イメージして、伝える。

ピアノ教師の仕事は、想像力が一番大事なのかもですね~^^

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/10/17 16:23 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |

入試合格…よく頑張った!

------------------------------

横浜市都筑区で、個人ピアノ教室を開いています。
のびのびと自然な音楽性、先々の成長を支える基礎づくり、をモットーに、楽しく丁寧に指導いたします
体験レッスンご希望も随時受付中! 

詳しくは、こちらのHPをご覧ください♪   <<横浜市都筑区 長田ピアノ教室>>

------------------------------


今週、パリから、とっても嬉しいお便りが届きました…

私がみていた生徒さんが、目指していた音楽学校の入試に合格したというんです!

あ~~本当にうれしかったです! 良く頑張った!


お母様が舞台袖から撮って、送ってきてくださった、生徒さんの演奏中の写真…。
まだ小さな生徒さんですが、堂々としていて、その姿を見たとたん、またまた涙が~~
生徒のことになると涙もろくなって困ります


実はこの生徒さん、私は8か月しか見ることが出来なかったのでした。
今年の1月に連絡をいただいて、私は帰国するので短い期間しか見ることができない旨を伝えたうえで、引き受けたレッスンです。

すでにピアノ経験があり、さらにとっても頭の良い生徒さん。まだ小さいのに、ソルフェージュも良くでき、教本の進度もはやい…

が、残念ながら、手の形や指の使い方に、かなり強い癖がついてしまっていました。

教本のレベル的にも、本人のモチベーション的にも、そのままでは進めないところまで来てしまっていました…。
本人は大変向上心のある分、何としてでも、なるべく早い内にそれらの矯正に取り組まねばなりません。早くなおしてしまった方が、以後の勉強がはかどりますからね

というわけで、私も頭をしぼって、彼の体の使い方を観察し、身体に無理なく、しなやかに良い音が出せるよう、あれこれ自分流のメトードを考えました…

幸運なことに、まだ小さい生徒さんで、良く練習してくるので、8か月で驚くほど進歩してくれました…子供の力はすごい!無駄な力が抜けてきたので、楽に弾けるようになって、音楽の楽しみも増したようです。

教師として、この生徒さんから学ばせてもらったことはたくさんあります。
そのことについては、また次回、触れたいと思います…。


とにかく!
良く頑張った生徒さん、誇らしいです。
これからの成長も楽しみです

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/10/16 01:20 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫