FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ローマ通りの本屋さん

パリの音楽留学生なら、誰もが知っている、ローマ通り。

国鉄サン・ラザール駅の横にのびている通りで、楽器屋さんや楽譜屋さんなど、音楽に関するお店が並んでいることで有名です。

もともとは、ここに国立高等音楽院があったそうです。現在も、国立地方音楽院…私の母校でもあります…が、このローマ通りと交差するマドリッド通りにあります。

パリの音楽学生が良く使う楽譜屋さんの一つ、Arioso(アリオーゾ)

DSCN2223.jpg

通りに出ているカゴの中は、安売りの楽譜や本。
私も先月、ここで、メシアンの楽譜が何冊も1ユーロで売られているのを見つけて、迷わずまとめ買いしました^^


ローマ通りをもう少し先までいくと、音楽関連の書籍を扱う本屋さんもあります。
今日はそこでお買いもの。日本への本帰国前に、こちらで買っておきたい本をまとめて購入しました。

DSCN2230.jpg
まず、Commentaire d'ecoute のテクニックの本。このCommentaireについては、いつか他の機会にお話しできればいいと思いますが、フランスの音楽院の授業では、譜面上のアナリーゼとともにとても大切な課目の一つです。

DSCN2229.jpg
それから、ジャン・コクトーの、『雄鶏とアルルカン』
自分の論文にも使った本ですが、図書館でしか読んでなかったので、せっかくなので日本に持ってかえります…。

そして・・・

DSCN2227.jpg
これが一番欲しかった! メシアンの、『わが音楽語法』
これも、図書館で借りただけだったので…。メシアンが自らの作曲技法を語った、重要な著作です。

この本は、実は初期に書かれたもので、その後もさらに進化をとげたメシアンの音楽語法については、全7巻にわたる遺稿集でより鮮明に語られています。本当はそれもほしいな~と思うけど、7巻全て揃えなきゃなんて、今の私には無理無理!!

さ、また一生懸命、辞書片手にフランス語を読まないと~~

さて、問題は、これらを、日本に持ち帰る大量の荷物のなかに、どうやって紛れ込ませるかです(笑)
楽譜も、本もたくさんありすぎて、ちゃんと全部持ってかえれるのか、今からとっても不安です…><


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/09/13 00:22 】

留学生活  | コメント(0)  |

フランスの伴奏者のお仕事

音楽と全然関係ない話ばかりだったので…今回は、フランスでのピアノ伴奏の話を少し書きたいと思います。

フランスに暮らしている間、こちらの音楽院で伴奏員をさせていただく機会があったのですが、フランス人ばかりの中で仕事する、となると、学校での生活以上に・・・

適当大国フランス

を肌で感じることになります…。

たとえば、伴奏をする、といっても、いつでも事前に楽譜をもらえるとは限らず、もらえても期日ギリギリだったりして、とにかく必死で譜読みしまくります

何弾くのか分からないまま取りあえず呼び出されることもありました。
行ってみたら、カルト・ブランシュ(何が演奏されるか分からない)の生徒のコンサートで、その場で生徒がもってきた譜面を弾かなくてはならないこともありました(笑)


たまに、前もって譜面(コピー譜)を送ってもらえることがありますが、そうして送りつけられてくるのは、どうみてもこれはコピー失敗だろ!と思うような譜面がほとんど…。



4小節ごとに最後の音が切れてるのにも慣れました!

ページの左端が全部切れてるので、調号が分からないという珍事にも、もう慣れました!!




でもさすがに笑ってしまったのが、こちらの譜面……

1653569_617396818343814_1714707685_n.jpg

左手が一段まるまる消えてる!!

こんなことが普通に起こりうるフランスでの伴奏者生活。
あきれながらも、結構楽しんできました♪

フランス生活は心が強くなります~~笑

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/09/10 23:07 】

伴奏のこと  | コメント(0)  |

お誕生日ピクニック

9月に入ってから、夏が舞い戻ってきたようなパリ。

4日は自分の誕生日でした!! パリで迎える最後のお誕生日…というわけで、学校の友人たちと一緒に、セーヌ河岸でピクニックをしてきました^^

2068.jpg

ノートルダムの目の前!の最高の場所を確保しました!

2067.jpg
綺麗なお花をもらい…

2084.jpg
カテドラルといっしょに^^

多国籍メンバー、みんなで持ち寄りのピクニックメニューは、ケーク・サレ、キッシュ、中華風煮卵、チヂミ、お寿司、などなど…


真っ白なエチケットのワインを持ってきた人がいたら…

2074.jpg
いつのまにかこんな落書きをされ…

それがさらに…

2080.jpg
こんなことに。(笑)

みんなのお誕生日メッセージ入りのビン、日本まで大事に持って帰りま~す^^


パリでの学生生活最後の3年間は、郊外の学校に通っていましたが、ここで出会った友人たちはみんな優しくて、面白くて、大好きです。室内楽も、音楽教養のクラスも、和気あいあいとしていて、なおかつ、自分の勉強したいことに集中できたと思います。

ピクニック、とても楽しい思い出になりました^^


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【 2014/09/08 10:53 】

フランス生活  | コメント(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫