FC2ブログ
フランスでの10年の音楽修行の後帰国。横浜市都筑区で演奏活動・ピアノレッスンを行っています。2016年出産。一児の母としても奮闘中。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

comme un rosier fait des roses. 

今日は、このブログのタイトル、comme un rosier fait des roses という言葉について…

これは、20世紀フランスを代表する作曲家、オリヴィエ・メシアンの言葉からとりました。


メシアンの作曲技法は、なかなか難解ですが、彼自身の著書が多く、とっても丁寧に解説してくれています…(といっても、やっぱり難しい!

また、インタビュー、対談もかなり残されていて、作曲者自身の語る美学・哲学をうかがい知ることが出来ます。


このブログのタイトルとなった一文は、「作曲家はなぜ作曲をするのか?」と問われた時の、彼の回答から引用しています。

...parce qu'il doit en faire...et il en fait très naturellement, comme un pommier fait des pommes, comme un rosier fait des roses. 

「なぜなら、そうせねばならないから…そして、ごく自然にそうしてしまうのだ、
 林檎の木が林檎の実をつけるように、薔薇の木が薔薇の花を咲かせるように」

メシアンの母親は詩人でしたが、さすが、彼もその血を強くひいてるんですね~~

でも、フランス人って、普段から詩的なことを言っちゃう人たちなんで、だからかもしれませんが…

なるほどね~。では私も、そんな風に自然に音楽をしよう!


とは思うのは簡単ですが、どうもなかなかうまくいかないもの……


ピアノとの付き合いが長くなればなるほど、悩みも増えていって、実は自分ってすごく無理して頑張って、音楽をやっているんじゃないか? などなど、自問自答を繰り返しています…

でも、色々な失敗や挫折の中で、もう嫌だ!!となることも多々あり、それでもしばらくたつとピアノに向かっている自分に、最近なんとなく気づき始め(ようやく?!)

おそまきながら、結局自分の人生には常に音楽があったのだな、そこは自信をもっていいのだなと、ちょっと思い直し始めました^^

小さいお花しか咲かせられなかったとしても、薔薇は薔薇だし!(笑)

人生の転機の今、これをきっかけに、自分の心底の欲求で音楽をしていけるようになりたい、と、そう気持ちを新たにしたところです^^

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/08/24 04:20 】

好きな音楽のこと  | コメント(0)  |

ティーニュ国際アカデミー

早速、フランスでの留学生活の話を書いていきたいと思います^^

随分長くこちらで勉強してきたのですが、ついに完全帰国を決めてから、より学生生活に張り合いが出たように思います。
一つ一つのレッスン、チャンスが、大切に思えるようになりました。

というわけで、最後のチャンスなので、今年の夏は夏期講習に参加してきました…ちなみにフランスでは、こういった合宿のことをスタージュといいます。

長年の恩師も参加する、ティーニュ国際アカデミー。

10日間山の中にこもって練習してきました。

開催場所は、イタリアとの国境に近い…

DSCN1781.jpg

こんな綺麗な湖のあるところです。

最後だから!!と欲張って、みっちりスケジュールを組んだ結果、10日間で10回のレッスン+演奏会一回+門下の発表会一回、その間に練習という死ぬほどハードな夏期講習に……

途中何度、「パリに帰りたい!!」と泣いたことか。笑

ええ、分かっていて、キャパを超える予定を組む自分が悪いんですが…

それでもレッスンの合間には、リフトで山にのぼったり、ボートに乗ったり、なかなか楽しんできましたよ。

DSCN1821.jpg

お天気の良い日にはモンブランまで見えるみたい!

講習の期間中、先生方のコンサートもあります。やっぱり世界的に有名な先生方なだけあって、本当にどのコンサートも素晴らしくて…。恵まれた環境にいるなぁと、あらためて感謝です。


講習には、日本からの学生さんもたくさん参加なさっていました。
ほとんどが、これから留学を考えている若い皆さんで、才能と希望にキラキラ輝いていて…
反対に、留学を終え、これから日本に帰国する私は、なんだかうらやましくなってしまいました。笑

たくさんの刺激をもらった10日間は、あっという間でした。
集中レッスンで、あらたにつかみかけた事も色々あるので、今度はパリで、落ち着いて勉強しなおしているところです^^

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/08/22 23:11 】

留学生活  | コメント(0)  |

はじめまして

はじめまして。フランス・パリに留学中のピアノ弾き、Maikoです。

この秋、なが~い留学生活を終え、10月より日本での活動を開始する予定です。
これを期に、ブログなどはじめてみることにしました…

簡単な自己紹介をすると…。

高校を卒業後に渡仏、これまでに、パリ国立地方音楽院、エコール・ノルマル音楽院、ヴィル・ダヴレー音楽院で勉強し、ピアノソロ、室内楽、ピアノ伴奏法、音楽教養学などのディプロムを取得しました。

フランスでは、学生生活の傍ら、ピアノ伴奏者としての活動も開始していて、コンサート伴奏のほか、合唱団や音楽院でも伴奏員をつとめました。また、ささやかながらピアノ教室も開いています^^

フランスで得た経験をもとに、今後は日本で頑張っていきたいと思います。

このブログでは、音楽活動のこと、自分の興味のあること、これまで学んできたことについて、書いていきたいと思います。

でもまだ少し、愛するフランスでの生活も残っているので、しばらくはのんびりと、こちらでの生活の様子をつづっていこうかな~と思っています。


どうぞよろしくお願いします!

DSCN1688.jpg
7月の革命記念日のエッフェル塔です

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2014/08/21 21:11 】

自己紹介  | コメント(0)  |
 | ホーム |