フランス帰りのピアノ弾き 長田舞子のブログです。2016年に産まれた息子の育児に奮闘しながらの演奏活動や、ピアノ講師の日常を気ままにつづっています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

maikopiano

Author:maikopiano
長田舞子 Maiko OSADA

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師

東京に生まれる。
パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等教育ディプロム及び高等室内楽ディプロムを取得。2014年ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。また、同音楽院、音楽教養科を最高評価を得て卒業。在学中、論文『オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション』『20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽』を執筆。音楽研究資格(DEM)を取得。

フランス国内コンクールに多数入賞。
2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。選抜生徒による演奏会に出演。2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにてジャン=マリー・コテ、ブルーノ・リグットの各氏より指導を受ける。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から伴奏者としての活動を開始。マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院伴奏員、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団にて伴奏者を務める。

また、ソロ奏者、室内楽奏者としても、フランス・日本国内にて多数演奏会に出演。
2015年6月、初のソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会の中心メンバーとして、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、幅広い演奏活動に取り組んでいる。

これまでにピアノを山口普子、ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2016年長男を出産。育児と音楽活動の両立に日々奮闘中。


コンサート・コンクール・試験・合唱のピアノ伴奏いたします。ブログメールフォーム、もしくはピアノ教室HPの連絡先より、お気軽にお問合せ下さい。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ピアノステップ

------------------

フランス室内楽研究会コンサート Vol.3
「ラヴェルの紡いだ音楽」


2017年11月24日 19時開演(18:30開場)
日比谷スタインウェイサロン東京内 松尾ホール
(日比谷駅A9出口直結)
http://www.h-matsuo.co.jp/hall_studio/

全席自由 3000円

出演:
長田舞子(ピアノ) 新倉さやか(ソプラノ) 横山友美(フルート) 
平澤祐理子(ピアノ) 山本そらね(賛助出演・チェロ)

プログラム:
歌劇「子供と魔法」より アリア(抜粋)
5つのギリシャ民謡
マダガスカル島民の歌
ラ・ヴァルス(連弾)
亡き王女のためのパヴァーヌ(フルート) etc....

チケットお問い合わせはfrance.musique.de.chambre@gmail.com もしくは私まで
皆さんぜひいらしてください^^

------------------

連休中、生徒さんが一人、ピティナのピアノステップに初参加ということで、演奏を聴きに行ってきました。

4歳から教えている生徒さんですが、いつもコツコツ頑張ってきた彼……とてもとても堂々と、立派に弾いてくれて、成長を感じて嬉しかったです!
無事に合格し、S評価もいただけたようで素晴らしい! 
本人も楽しかったと話していて、何よりです^^

普段レッスン室で弾いているときももちろんですが、ああいった大きなホールのピアノだと、その人が持っている音色というものが大変良くわかります……良くも悪くも

うちの生徒さんはステップでも、とても柔らかで優しい音色で弾いてくれました。素晴らしい

私は生徒さんに、ステップやコンクールをたくさん受けさせる方ではありませんが、その子のモチベーション維持のためなど、様子を見ておすすめすることがあります。これらがピアノのすべてではないですが、ステップアップの為に上手に使っていけたら良いですね


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
スポンサーサイト
【 2017/10/11 20:11 】

ピアノ教室のこと  | コメント(0)  |

いたずらっこ

------------------

フランス室内楽研究会コンサート Vol.3
「ラヴェルの紡いだ音楽」


2017年11月24日 19時開演(18:30開場)
日比谷スタインウェイサロン東京内 松尾ホール
(日比谷駅A9出口直結)
http://www.h-matsuo.co.jp/hall_studio/

全席自由 3000円

出演:
長田舞子(ピアノ) 新倉さやか(ソプラノ) 横山友美(フルート) 
平澤祐理子(ピアノ) 山本そらね(賛助出演・チェロ)

プログラム:
歌劇「子供と魔法」より アリア(抜粋)
5つのギリシャ民謡
マダガスカル島民の歌
ラ・ヴァルス(連弾)
亡き王女のためのパヴァーヌ(フルート) etc....

チケットお問い合わせはfrance.musique.de.chambre@gmail.com もしくは私まで
皆さんぜひいらしてください^^

------------------

息子10か月。
最近ピアノが気になってたまらないらしい。

IMG_3228.jpg

そういえば息子が出会う大人の(そして子供も)ほとんどが、何かしらの楽器を演奏しているから、息子も自然に楽器に触るようになるのかな。

きっとピアノのことも、素敵な音の出るおもちゃだと思っているに違いない(笑)


にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【 2017/09/24 23:13 】

日記  | コメント(0)  |

マダガスカル島民の歌 合わせ

------------------

フランス室内楽研究会コンサート Vol.3
「ラヴェルの紡いだ音楽」


2017年11月24日 19時開演(18:30開場)
日比谷スタインウェイサロン東京内 松尾ホール
(日比谷駅A9出口直結)
http://www.h-matsuo.co.jp/hall_studio/

全席自由 3000円

出演:
長田舞子(ピアノ) 新倉さやか(ソプラノ) 横山友美(フルート) 
平澤祐理子(ピアノ) 山本そらね(賛助出演・チェロ)

プログラム:
歌劇「子供と魔法」より アリア(抜粋)
マ・メール・ロワ(抜粋)
ラ・ヴァルス(連弾)
亡き王女のためのパヴァーヌ(フルート)  etc....

チケットお問い合わせはfrance.musique.de.chambre@gmail.com もしくは私まで
皆さんぜひいらしてください^^

------------------

11月のフランス室内楽研究会コンサートに向けての練習が始まっています。

先日はマダガスカル島民の歌の初合わせ。
女子が4人もそろうと合わせも楽しいですね~~

IMG_3225.jpg
左から、新倉さやかちゃん、横山友美ちゃん、
そして山本そらねちゃん

IMG_3226.jpg
そして私…。さて、誰が正しい楽器をもっているのでしょう(笑)


この曲は、第一回コンサート「戦間期のフランス音楽」でも演奏しました。
その時は、ピアノを川端友紀子ちゃんが、チェロを熊木綾子ちゃんが担当してくれたのですが、今回は二人にかわって私とそらねちゃんが演奏します。私たち二人はこの曲を演奏するのは実は初めてなので、合わせはちょっと緊張……何しろ、お互いの呼吸をうかがうのがなかなか難しい曲なのです。

でもその分、それぞれが自由に歌いながらも息がぴったり合ったときには、本当に気持ちが良い

私はとにかくこの曲が大好きで、自分で演奏できることがとても嬉しいです。こんな風に演奏したいな、ここはこうしたいな、とイメージをふくらませています^^

前回聴きにきてくださったお客様も、今回はメンバーが変わった分、また新しい、新鮮な演奏が出来ると思いますので、どうぞお楽しみに!

にほんブログ村 クラシックブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村
ブログランキングに参加しています! 応援クリックお願いします
【 2017/09/22 23:13 】

演奏活動  | コメント(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫